「ユリウス・エルンスト (ブラウンシュヴァイク=ダンネンベルク公)」の版間の差分

編集の要約なし
 
編集の要約なし
'''ユリウス・エルンスト'''([[ドイツ語]]:Julius Ernst, 1571年 - 1636年)は、[[ブラウンシュヴァイク=リューネブルク公]]の一人で、ダンネンベルク公(在位1598年 - 1636年)。ダンネンベルク公[[ハインリヒ (ブラウンシュヴァイク=ダンネンベルク公)|ハインリヒ]]とその妃ウルスラ・フォン・ザクセン=ラウエンブルクの長男。男子のないまま死んだため、[[ヒッツァカー]]の遺領は弟のヴォルフェンビュッテル侯[[アウグスト2世 (ブラウンシュヴァイク=ヴォルフェンビュッテル公)|アウグスト2世]]が相続した。
 
ユリウス・エルンストはオストフリースラント伯[[エツァルト2世 (オストフリースラント伯)|エツァルト2世]]の娘マリア(1582年 - 1616年)と最初の結婚をし、2人の子供をもうけた。
*ジギスムント・ハインリヒ(1614年)
*マリア・カタリーナ(1616年 - 1665年)…[[メクレンブルク=シュヴェリーン]]公[[アドルフ・フリードリヒ1世 (メクレンブルク公)|アドルフ・フリードリヒ1世]]と結婚