メインメニューを開く

差分

 
== 歴史 ==
[[スペイン・ブルボン朝|スペイン・ブルボン(ルボ朝]]の[[スペイン君主一覧|スペイン王]][[フェリペ5世 (スペイン王)|フェリペ5世]]は後妻として[[パルマ公国]]を統治した[[ファルネーゼ家]]出身の[[エリザベッタ・ファルネーゼ]]を迎えた。エリザベッタはファルネーゼ家男系最後の生き残りとも言える人物で、[[1731年]]に実家のファルネーゼ家が断絶するとフェリペ5世との間に出来もうけ王子[[カルロス3世 (スペイン王)|ドン・カルロス]]にパルマ公位を継がせた。ドン・カルロスは[[ポーランド継承戦争]]で[[ナポリ王国|ナポリ]]・[[シチリア王国|シチリア]]の王位を手に入れたが、代償としてパルマを[[ハプスブルク君主国|オーストリア・ハプスブルク家]]に譲渡した。しかし[[オーストリア継承戦争]]の結果、パルマは再びボルボーン家のものとなり、[[1748年]]にカルロスの同母弟である[[フィリッポ・ディ・ボルボーネ|フェリペ(フィリッポ]]が公位に就いた。これがブルボン=パルマ家の始まりである。フィリッポはフランス王[[ルイ15世 (フランス王)|ルイ15世]]の娘である[[ルイーズ・エリザベート・ド・フランス|ルイーズ・エリザベート(ルイーザ・エリザベッタ)]]と結婚したが、これによりパルマは政治的にも文化的にも[[フランス王国|フランス]]の影響が濃くなった。
 
[[1789年]]の[[フランス革命]]、それに伴う[[ナポレオン・ボナパルト]]の台頭により、[[イタリア]]は大きく変動する。パルマ公国はナポレオンによって征服されるが、ナポレオンはその埋め合わせとして、[[ハプスブルク家]]の分家が治めていた[[トスカーナ大公国]]に代わって[[1801年]]に[[エトルリア王国]]を築き、ブルボン=パルマ家の[[ルドヴィーコ1世・ディ・ボルボーネ|ルドヴィーコ]]を封じた。ルドヴィーコの息子[[カルロ・ルドヴィーコ・ディ・ボルボーネ|カルロ・ルドヴィーコ]]の代に、エトルリア王国は[[フランス第一帝政|フランス帝国]]の直轄領となった。ナポレオンが失脚した後もパルマはボルボーネ家に戻らず、[[ウィーン会議]]の結果、パルマはナポレオンの皇后であったオーストリア皇女[[マリア・ルイーザ (パルマ女公)|マリーア・ルイーザ]]のものとなり、カルロには埋め合わせとして[[ルッカ公国]]が与えられた。
 
[[1847年]]にマリーア・ルイーザが死去すると、カルロはパルマ公位に復位した(ルッカ公国はハプスブルク家のトスカーナ大公国に吸収された)。イタリアが自由主義の嵐に吹き荒れた[[1848年]]にカルロは死去し、息子の[[カルロ3世 (パルマ公)|カルロ3世]]が公位に就いた。[[ブルボン朝|フランス・ブルボン朝]]最後の君主である[[シャルル10世 (フランス王)|シャルル10世]]の孫娘[[ルイーズ・ダルトワ]]と結婚したカルロ3世は徹底的に反動政治を行うが、それが原因で[[1854年]]に暗殺される。長男の[[ロベルト1世 (パルマ公)|ロベルト1世]]が6歳で公位を継いだが、[[サヴォイア家]]を中心とする[[イタリア統一運動]](リソルジメント)が盛り上がる中、[[1860年]]の[[住民投票]]によってパルマの[[サルデーニャ王国]]への併合が決定し、ロベルトは12歳で君主の座を追われた。
一方、ロベルト1世の母[[ルイーズ・ダルトワ]]はブルボン朝最後の国王[[シャルル10世 (フランス王)|シャルル10世]]の孫であり、ルイーズの弟[[アンリ・ダルトワ|シャンボール伯]]の死によりブルボン家宗家が断絶すると、[[シャンボール城]]など宗家の遺産の一部を受け継いだ。
 
公位を追われたロベルト1世であったが、娘の[[ツィタ・フォン・ブルボン=パルマ|ツィタ]]は最後の[[オーストリア帝国|オーストリア皇帝]][[カール1世 (オーストリア皇帝)|カール1世]]の皇后となっている。また、ツィタの弟[[フェリックス・ド・ブルボン=パルム|フェリーチェ(フェリックス)]]は[[第一次世界大戦]]後に[[ルクセンブルク大公]][[シャルロット (ルクセンブルク大公)|シャルロット]]と結婚し、その子孫が大公位を継いで現在に至っている。
匿名利用者