「ゼネラル・エレクトリック J85」の版間の差分

編集の要約なし
(en:General Electric J85 (07:04, 29 August 2009 UTC) を翻訳)
 
 
== 設計と開発 ==
J85は当初は大型の[[デコイ (兵器)|デコイ]]航空機、[[マクドネル・エアクラフト]][[ADM-20 Quail]] ([[:en:ADM-20 Quail]]) の動力として設計された。Quailは、飛行中の[[B-52 (航空機)|B-52]] から切り離され、地上の[[SA-2]]地対空ミサイルが狙うターゲットを増やすために、発射した航空機と編隊で長距離飛行するように設計されている。この目的のため、ジェット爆撃機に追走できる十分なパワーのある小型のエンジンが要求された。イギリスで製造されている[[アームストロング・シドレー バイパー]] ([[:en:Armstrong Siddeley Viper]]) のように、飛行体Quailのエンジンは長時間動作する必要が無いので、低品質の材料で製作することができた。
 
J85はQuailで成功を収めたが、後に通常の品質の材料で製造され、Viperのように、[[T-38 (航空機)|T-38 タロン]]、[[F-5 (戦闘機)|ノースロップ F-5]]、[[カナディア CL-41 Tutor]] ([[:en:Canadair CL-41 Tutor]])、小型攻撃機のセスナ [[A-37 (航空機)|A-37 ドラゴンフライ]]などの小型のジェット航空機の動力として使用された。最近では、J85 はスケールドコンポジッツの宇宙船[[スペースシップワン]]の輸送機である[[ホワイトナイト (航空機)|ホワイトナイト]]で使用され、米国の[[Me 262 プロジェクト]]([[:en:Me 262 Project]])の航空機でも使用された。
 
エンジンの基本的な設計は、非常に小型であり、直径が約18インチ(46 cm)で全長が45インチ(114 cm)である。2段のタービンで駆動される8段の軸流圧縮機を持ち、最大で2,950 lbf (13 kN)のドライ推力があり、アフターバーナの使用でより大きい推力となを得られる。海面高度の降におけスロットで、アフターバーナを使用しない場合最大出力運転時、1時間当たりおよそ400 USガロン(1,520 L)の燃料を消費する。巡航高度でのおよび巡航出力においては、1時間当たりおよそ100 USガロン(380 L)の燃料を消費する。
 
いくつかの派生機種が作られている。J85-21はベースの8段の圧縮機の前に1段追加して、9段の圧縮機とし、推力を向上している。
匿名利用者