「コストパフォーマンス」の版間の差分

m
m
'''コストパフォーマンス'''(こすとぱふぉーまんす、cost(cost performance、'''CP''')とは、あるものが持つ価格と価値を対比させた度合い。'''[[費用]]対[[効果]]'''または'''対費用効果'''。
 
コストパフォーマンスという言葉は英語圏で日常的に使われていると思われがちだが、実際は専門的な用語であり、日常会話で使われることはほとんどない。普通の人に言ってもまず通じず、ほぼ[[和製英語]]といっても過言ではない。実際、この記事は日本語版以外英語版にすらない。
 
日本での意味は投資しようとする商品やサービスなどの価額が、満足度・機能などの価値に見合っているかどうかを表現する場合に使われる。絶対的な商品やサービスの質のみを考えているわけではなく、'''価格に比べて、質なり結果が良いか悪いか'''という場合に使う考え方。したがって、いわゆる高級品であってもコストパフォーマンスが悪い場合があり、同様に廉価品でもコストパフォーマンスが良い場合がある。イメージとしては、(尋常ではないくらい高い・良い)よりも(ありえないくらい安い・そこそこ)のほうがコストパフォーマンスが良い。
*コストパフォーマンスが低い コストパフォーマンスが悪い(支払う金額よりも価値が低い)
 
== 類似した表現 ==
ギャンブルなど、費用と効果の一方または両方が0になる可能性のある場合、リスク(費用・失敗確率)とリターン(効果・成功確率)で表現する事がある。
 
=== 用例 ===
*ローリスクハイリターン(失敗の確率が低く高い効果を見込める)
*ハイリスクローリターン(失敗する危険が高い上得るものは少ない)
*ローリスクローリターン(失敗の確率は低いが得るものは少ない)
 
== 関連項目 ==
*[[費用便益分析]]
*[[トレードオフ]]
{{DEFAULTSORT:こすとはふおまんす}}
[[Category:費用]]
[[categoryCategory:設計]]
[[categoryCategory:性能]]