メインメニューを開く

差分

m
編集の要約なし
*交感神経副腎系の亢進および自律神経機能不全
 
過去、研究や臨床試験かつてはD<sub>2</sub>受容体結果阻害説の方もっともらしいと考えられた時期がありその中では精神病治療薬が神経伝達に関与しているD<sub>2</sub>受容体を阻害することにより、ドーパミン活性を顕著に減少させるという、D<sub>2</sub>受容体の阻害仮説が裏付け考えられているように思われたことがあった。しかしながら、近年の研究では、症状に対する遺伝的要素が示されている。<ref> http://www.ingentaconnect.com/content/adis/dsf/1998/00000019/00000001/art00006</ref> 交感神経副腎系亢進モデルを支持したの説では、交感神経細胞中のカルシウム制御タンパク質の欠陥がNMSの発症を促すと考えられてう仮説あった。 <ref>Gurrera RJ (2002) "Neuroleptic Malignant Syndrome a Neurogenic Form of Malignant Hyperthermial" Clinical Neuropharmacology 25(4): 183-193 </ref> モデルカルシウムに関係するタンパク質の欠陥に関連しているこの疾患の症状を、[[悪性高熱症]]の神経原性の形態と考えられとらえる。
 
== 関連事項 ==
*[[うつ病]]
*[[パーキンソン病]]
 
==脚注==
{{Reflist|2}}
 
{{Medical-stub}}
1,952

回編集