メインメニューを開く

差分

m
*交感神経副腎系の亢進および自律神経機能不全
 
かつてはD<sub>2</sub>受容体の阻害説の方がもっともらしいと考えられた時期があり、その中では精神病治療薬が神経伝達に関与しているD<sub>2</sub>受容体を阻害することにより、ドーパミン活性を顕著に減少させると考えられた。しかしながら、近年の研究では、症状に対する遺伝的要素が示されている。<ref>http://www.ingentaconnect.com/content/adis/dsf/1998/00000019/00000001/art00006</ref> 交感神経副腎系亢進説では、交感神経細胞中のカルシウム制御タンパク質の欠陥がNMSの発症を促すと考えられている。 <ref>Gurrera RJ (2002) "Neuroleptic Malignant Syndrome a Neurogenic Form of Malignant Hyperthermial" Clinical Neuropharmacology 25(4): 183-193 </ref> その中交感神経副腎系亢進説、この疾患を[[悪性高熱症]]の神経原性の形態としてとらえる。
 
== 関連事項 ==
1,952

回編集