「ヴァーツラフ・ターリヒ」の版間の差分

編集の要約なし
m (「てにをは」の修正です。)
[[モラヴィア]]の[[クロムニェジーシュ]]生まれ。ヴァイオリニストで作曲もした父の教育で幼い頃から[[ヴァイオリン]]を学び、10歳の時にはすでに父の所属するオーケストラでヴァイオリンを弾いていた。1897年に[[プラハ音楽院]]に入学、[[オタカル・シェフチェク]]にヴァイオリンを師事した。1903年に同音楽院を卒業すると、[[アルトゥール・ニキシュ]]の推薦を得て[[ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団]]のヴァイオリニストとなり、[[コンサート・マスター]]に就任した。しかしニキシュの指揮に魅了されたターリヒはその地位を辞任し、指揮者を目指した。
 
1904年、[[オデッサ市立管弦楽団]]でヴァイオリニストを務めながら指揮の勉強をし、同年にこのオーケストラを指揮して指揮者デビューした。これ以後は指揮に専念し、1905年から1907年まで[[リュブリャーナ・フィルハーモニー管弦楽団]]の指揮者を務めた。1908年からはスロヴェニア・フィルハーモニー管弦楽団の常任指揮者となるが、その職務の合間を見ては、[[ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団]]の席指揮者であったニキシュの許を訪ね、その指揮法や音楽理論を吸収していった。1912年からは1915年までプルゼニュのオペラ指揮者を務めている。
 
ターリヒが[[チェコ・フィルハーモニー管弦楽団]](以下、チェコpoと略記)の指揮台に初めて登場したのは1908年の野外コンサートであった。1917年、1918年と相次いで指揮する機会を得、特に1918年10月30日の「[[ヨセフ・スク|スーク]]の夕べ」で大成功を収めた。この成功により、この年のうちにチェコpoの次席指揮者、翌1919年には同オーケストラの席指揮者に就任した。ターリヒはチェコpoでの職務のかたわら、プラハ音楽院で教鞭を執り、1931年から1933年にはストックホルム・フィルハーモニー管弦楽団の席指揮者を兼務しておりプラハを一時留守にしている。
さらに1935年からは[[プラハ国民劇場]]の音楽監督を務めるなど、多くの激務を抱える身となり、1941年にチェコpoでの地位を[[ラファエル・クーベリック]]に譲った。第二次大戦後はチェコ室内管弦楽団を創立し、またスロヴァキア・フィルハーモニー管弦楽団の席指揮者を務めた。1961年、チェコの[[ベロウン]]で逝去した。
 
チェコpoを現在あるような国際的なオーケストラにまで高めたのはターリヒの功績であるといわれる。それまで[[ヨーロッパ]]の古い街には必ずある地方オーケストラの一つにすぎなかったチェコpoは、彼の薫陶を受けてその実力を高め、著名な指揮者や独奏者が客演するようになり、聴衆の耳目を惹くようになっていった。ターリヒが指揮するチェコpoの演奏する[[アントニン・ドヴォルザーク|ドヴォルザーク]]を聴いた[[エフゲニー・ムラヴィンスキー]]はそのすばらしさに感嘆し、その後ドヴォルザークを演奏しなかったという。ターリヒの演奏はスラヴ風の野趣を残しながらも、ニキシュ流の明朗さと気品をもっていた。ドヴォルザークや[[ベドルジハ・スメタナ|スメタナ]]の演奏の録音が残されており、耳にすることができる。
匿名利用者