「平均ピストンスピード」の版間の差分

編集の要約なし
[[1993年]]に発表された[[ホンダ・インテグラ]]では180馬力の最高出力をストローク87.2mmのB18Cエンジンで7600rpmにおいて発生し、その時の平均ピストンスピードは22m/sを超えた。これは当時の[[フォーミュラ1|F1]]用エンジンよりも高い値とされた。
 
[[Category:エンジン往復動機関|へいきんぴすとんすぴーど]]
[[Category:自動車エンジン技術工学|へいきんぴすとんすぴーど]]
 
 
匿名利用者