「飛鳥 (航空機)」の版間の差分

編集の要約なし
1962年([[昭和]]37年)末頃から、[[航空宇宙技術研究所]]では今後取り上げるべき重点課題について議論がなされた。この中で、V/STOL機の[[研究開発]]が最重点課題として取り上げられ、実験機研究開発を含む具体的な研究を開始した。
 
{{和暦|1963}}から[[垂直離着陸機|VTOL]](垂直離着陸)機用超軽量リフトジェットエンジン(JR100)([[JRシリーズ (エンジン)|JR100]])の研究開発に着手し、推力制御による高度制御試験、VTOL機の離着陸を想定した[[FTB試験]](ホバリング試験)、着陸前に航空機の脚に替わるリフトジェットエンジンを空中で起動させるエンジン再起動試験まで進められたが、当時は空港周辺の騒音が社会問題となっており、VTOL機の研究開発は断念された。
 
{{和暦|1975}}に[[航空技術審議会]](現科学技術学術審議会)の建議「我が国に適した[[航空機の離着陸方法#STOL機|STOL]]輸送システムの具体的推進方策について」を受けて、具体的にSTOL技術の検討がなされた。昭和60年代以降に民間機の主力となると考えられた低騒音ファンジェットを使用したSTOL旅客機の開発に必要な技術を研究することを目的として、それまでに進めていた空力、構造、エンジン等の要素技術研究成果を基にSTOL機の詳細な検討がなされ、[[航空自衛隊]]の[[C-1 (輸送機)|C-1]][[輸送機]]をベースに、当時開発中だった[[FJR710]]エンジンを4基搭載したSTOL実験機を研究開発することが決定された。
[[Category:実験機・記録機|あすか]]
[[Category:日本の航空機|あすか]]
 
[[pl:NAL Asuka]]
匿名利用者