「マツバラン目」の版間の差分

上位分類をシダ植物門に変更
(上位分類をシダ植物門に変更)
|画像キャプション = マツバラン
|界 = [[植物界]] [[:w:Plantae|Plantae]]
|門 = [[ヒカゲノカズラシダ植物門]] [[:w:LycopodiophytaPteridophyta|LycopodiophytaPteridophyta]]
|綱 = [[マツバラン綱]] [[:w:Psilotopsida|Psilotopsida]]
|目 = [[マツバラン目]] [[:w:Psilotales|Psilotales]]
'''マツバラン目'''(マツバランもく、''Psilotales'')は[[シダ植物]]の分類群。[[マツバラン科]]と[[イヌナンカクラン科]](マツバラン科に含めることもある)からなる。日本には[[マツバラン]]1種のみが自生する。
 
根がなく、地下部は枝分かれした[[地下茎]]からなる。[[葉]]はなく、[[茎]]が[[分枝 (生物学)|分枝]]しながら伸び、[[胞子嚢]]をつける。ただし、茎には短い針状の突起があり、これをの一種と見る向きもある。イヌナンカクラン科では先端の茎が扁平で、葉のように見える。
 
従来の形態学的研究からは、分類学的位置は明確でなかった。原始的な[[維管束植物]]とされる[[化石]]植物の[[リニア属]](''Rhynia'')に近縁と考えられたこともある。そのため、リニアやそれに類する植物を[[古生マツバラン類]]と呼んだこともある。従来は[[ヒカゲノカズラ植物門]](小葉類)に含める。現在も、ほとんどの書籍ではこのように扱われている。
 
従来は[[ヒカゲノカズラ植物門]](小葉類)に含めた。現在もほとんどの書籍ではそのように扱われているが、最近では[[分子系統解析]]により、[[ハナヤスリ類]]と合わせ、ひとつの綱([[マツバラン綱]]、Psilotopsida)として、[[シダ植物門]]の中に含めるよう変わってきている。
近年では[[分子系統解析]]により、従来[[シダ植物門]]に含められていた[[ハナヤスリ類]](見かけはシダに似ているが形態的に異なる面が多い)に近縁とする考えが有力になっている。[[マツバラン綱]](Psilotopsida)または[[マツバラン植物門]](Psilotophyta)は従来マツバラン目のみから構成されていたが、ハナヤスリ科をこれらに含める考えもある。
 
==参考文献==
725

回編集