「通信線路」の版間の差分

m
区間区分・敷設場所加筆
m (区間区分・敷設場所加筆)
'''通信線路'''(つうしんせんろ) は、[[有線通信|有線]][[電気通信]]の[[伝送路]]である。
 
==無線通信との比較==
[[無線通信]]と比べ、以下の特徴がある。
*[[盗聴|通信傍受]]が比較的困難である。
*[[地下]][[配]]鉄塔[[電柱]]など、必要な[[土木工学|土木]]工作物が多い。
*コストが比較的高い。
*回線容量が大きい。
 
==用途==
用途として次のものがある。
*[[電話回線]]
*[[専用線]]
*[[ケーブルテレビ]]
*[[有線ラジオ放送]]
 
==区間区分==
区間区分として次のものがある。
*加入者線路 : 加入者端末に直接接続されているもの。一般に迂回路は用意されていない。信頼性を高めるために加入者負担で二重化することもある。
*中継線路 : 中継局間を接続するもの。公衆網の場合は二重化が義務付けられている。
**市内中継線路 : [[単位料金区域]]内の中継線路。
**市外中継線路 : 単位料金区域外と接続を行う中継線路。
 
==敷設場所とその方法==
敷設場所として次のようなものがある。
*海底
*架空 : [[電柱]]などを使用して、空中に配線するものでコストが低い。[[配電]]線の下部に敷設することになっている。車道・歩道・水路などとの最低空頭が定められている。
*地中
*地中 : [[電線類地中化]]のために推進されている。コストが高い。
**共同構
**地中管路
*海底・水底 : 大陸間を結ぶ長距離のものは、水中中継器の実用化によって可能となった。
*架空
 
==使用される伝送路とその歴史==
 
よい適当な[[絶縁体|絶縁]]被覆座資料が無かった時代には、碍子引きの裸[[電線]]が使用されていた。後に絶縁電線が碍子引きで使用されるようになった。
 
機器の高感度化に伴い、[[ツイストペアケーブル]]が使用されるようになった。また、通信需要の増大に対応するため多重化[[伝送路]]として[[同軸ケーブル]]・[[導波管]]が使用されるようになった。
 
==関連項目==
*[[電話回主配]] - [[電話網]]
*[[光収容]]
*[[電話回線]] : [[電話機]]の接続[[インターフェース]]
*[[電話網]]
 
[[Category:有線通信|つうしんせんろ]]
5,308

回編集