「リッターカー」の版間の差分

編集の要約なし
1970年代後半以降のリッターカーにカテゴライズされた主な車種は、上記のシャレードのほか、同じくダイハツの[[ダイハツ・ストーリア|ストーリア]]や[[ダイハツ・ブーン|ブーン]]、[[日産自動車]]の[[日産・マーチ|マーチ]]、[[本田技研工業|ホンダ]]の[[ホンダ・シティ|シティ]](1,200ccだが意味合い的にリッターカーと見る意見が少なくない)、[[スズキ (企業)|スズキ]]の[[スズキ・カルタス|カルタス]]や[[スズキ・ソリオ|ワゴンRワイド(のちワゴンR+→ワゴンRソリオ→ソリオ)]]、[[富士重工業|スバル]]の[[スバル・ジャスティ|ジャスティ]]や[[スバル・ドミンゴ|ドミンゴ]]、[[トヨタ自動車|トヨタ]]の[[トヨタ・ヴィッツ|ヴィッツ]]や[[トヨタ・パッソ|パッソ]]、[[トヨタ・ベルタ|ベルタ]](それ以前は[[トヨタ・プラッツ|プラッツ]]。ちなみに、今日のリッターカーとしては唯一の[[セダン|3ボックスセダン]]にあたる存在)などである。
 
[[ヨーロッパ]]では日本で言うリッターカー([[Aセグメント]])が量販クラスであり、庶民の足として使われている。一方、日本では税制などの点で様々な特典のある[[軽自動車]]という枠が存在するため、リッターカーは中途半端な存在と見られやすい面もある。しかしヨーロッパでの戦略を考えると、良質なリッターカーの開発は欠かすことが出来ないとされる。トヨタが[[トヨタ・スターレット|スターレット]]より少し小さい初代ヴィッツ(ヨーロッパではヤリス)を開発したのも、それまで弱点と言われたヨーロッパ市場に本格攻勢をかけるためだったと言われる。今ではさらに小さく1Lエンジンがメイングレードの[[トヨタ・アイゴ|アイゴ]]や[[トヨタ・iQ|iQ]]をラインアップに加えている。その点で国産各社のリッターカーの動向は非常に重大な意味を持つと見る意見が多い。
 
== 関連項目 ==
305

回編集