「単結晶」の版間の差分

 
== 利用 ==
[[Image:Monokristalines Silizium für die Waferherstellung.jpg|thumb|80px|left|ケイ素の単結晶。これを薄くスライスし[[シリコンウェハー]]が作られる。]]
単結晶の技術は工業的に重要であり、特に[[ケイ素|シリコン]](ケイ素)の単結晶は、[[半導体]]製造に欠かせない。他の例として、[[ジェットエンジン]]をはじめとする[[ガスタービンエンジン]]での利用がある。[[タービン]]ブレードには高温での[[クリープ]]強度が求められるが、ここには[[ニッケル]]等をベースとした[[合金|耐熱合金]]の単結晶[[鋳造]][[機械材料|材料]]などが用いられている。
 
有機分子や生体分子の分子構造、無機化合物の結晶構造を決定する技術に[[X線結晶構造解析]]がある。その中の単結晶を試料とする手法(単結晶X線回折)は結晶格子内の各原子の位置について非常に多くの情報を与える。そのため、[[蛋白質|タンパク質]]や稀少な生体分子について、微量の試料から単結晶を調整して[[構造決定|構造解析]]に供する技術が[[分子生物学]]や[[薬学]]の成果につながるものとして進歩している。