「吸光度」の版間の差分

式の導出と説明
m (ロボットによる 追加: ru:Оптическая плотность)
(式の導出と説明)
[[ファイル:Beer lambert.png|thumb|吸光度測定]]
'''吸光度'''(きゅうこうど,、[[英語|英]]: '''absorbance''')absorbance)と特定の波長の[[]]に対しおい、ある物体を[[物質]]の吸収が通った際に強度がどの程度弱まるかを示す尺度[[無次元量]]である。'''学密Aは次の定義に従って算出さ'''(こうがくみつど、[[英語|英]]: optical density)とも呼ばることがある。無次元量吸収・[[散乱]]・[[反射]]をすべて含むため、吸収のみを表すものではない
 
[[分析化学]]において、[[波長]] λ における吸光度 ''A''<sub>λ</sub> は
<math>A=\log_{10}(I_0/I)=0.434\alpha L \,</math>
:<math>A_\lambda = -\log_{10}(I/I_0)</math> = 入射光強度
と定義される。つまり、入射光強度 ''I''<sub>0</sub> と透過光強度 ''I'' の比([[透過率]])の[[常用対数]]をとり、吸収のある場合を正とするために負号を付けたものである。透過率が光路長の指数関数であるのに対し、吸光度は対数で表されているため光路長に[[比例]]する。例えば透過率が 0.1(吸光度が 1)の物体の厚さが3倍になったとすると透過率は 0.1<sup>3</sup> = 0.001 になるのに対し、吸光度は単に3倍になる。
:<math>I</math> = 透過光強度
: <math> \alpha </math> = [[吸収係数|吸光係数]]
:<math>L</math> = 物質の厚さ
 
吸光度を[[吸収係数|吸光係数]] α と光路長 ''L'' とを用いて表すと、α''L'' = -[[自然対数|ln]] (''I''/''I''<sub>0</sub>) なので
光学密度(optical density)は機械的に測定され上記の式で計算されるもので、散乱・反射を含み、吸収そのものではない。
:<math>A_\lambda = -\log_{10}(I/I_0) = -\frac{\ln (I/I_0)}{\ln 10} \simeq 0.434 \alpha L</math>
となる。
 
吸光度を測定するためには分光光度計が使用されるが、測定する光の波長帯により光源と検出器が異なるので、測定装置が用いられる。
*赤外分光光度計
*可視・紫外分光光度計
のいずれかの装置で測定される。
 
液体の吸光度を測定する場合石英セルに入れる場合ことが多いが、その場合は ''I''<mathsub>I_00</mathsub>がblank cell空のセルの透過光強度、<math>''I</math>'' sample cell試料セルの透過光強度となる。
吸光度はSample Cell試料セルの光路長とSample試料濃度 (''C)'' に比例し、
 
:<math>A=A_\log_{10}(I_0/I)lambda =0.434 \alpha L \,LC</math>
吸光度はSample Cellの光路長とSample濃度 (C) に比例し、
で表される。これを'''[[ランベルト-ベールの法則|ランベルト・ベール(ランバート・ベール)の法則]]''' ('''Lambert-Beer law''') と呼ぶ。このランベルト・ベールの法則を使い、うと[[検量線]]から物質濃度を測定することが可能算出る。
 
<math>A= \alpha LC</math>
 
で表され、これを'''[[ランベルト-ベールの法則|ランベルト・ベール(ランバート・ベール)の法則]]''' ('''Lambert-Beer law''') と呼ぶ。このランベルト・ベールの法則を使い、[[検量線]]から物質濃度を測定することが可能である。
 
== 関連項目 ==
2,096

回編集