「トラキア語」の版間の差分

編集の要約なし
m (ロボットによる 追加: la:Lingua Thracica)
編集の要約なし
'''トラキア語'''(トラキアご)は古代の東ヨーロッパ(現在の[[ブルガリア]]、[[ギリシア]]北部等)や[[ビテュニア]]([[アナトリア]]北西部)にいた[[トラキア人]]が用いた言語で、[[死語]]。[[インド・ヨーロッパ語族]]に属する。トラキア語の分類や他言語との関係は不明確な点が多いが、インド・ヨーロッパ語族の中の[[サテム語派]]([[アルバニア語]]、[[スラヴ語派]]、[[バルト語派]]、[[インド・イラン語派]]など)に分類される。ただしサテム語派は本当に共通系統を示すものかどうか明らかではない。トラキア人と同族とされる北方の[[ダキア人]]の用いた[[ダキア語]]も同系との考えが有力であるが、やや異なっていた可能性もある。
 
かつては[[イリュリア語]](トラキア語の西側で使われた)とまとめる説もあったが、イリュリア語は別系統とする意見が現在では有力。また古代マケドニア語や[[フリュギア語]](アナトリア)との関係も考えられるが明らかでない。
匿名利用者