「トーマス・栗原」の版間の差分

lk, typo, +infobox
m (ロボットによる 追加: en:Thomas Kurihara)
(lk, typo, +infobox)
{{ActorActress
'''トーマス・栗原'''(-'''くりはら'''、本名'''喜三郎'''、-きさぶろう、[[1885年]][[1月24日]] - [[1926年]][[9月8日]])は、[[ハリウッド]]で活躍した日本人俳優であり、帰国してわずか1年数か月で30本の作品を残した[[無声映画]]時代の日本の[[映画監督]]である。
| 芸名 = トーマス・栗原
| ふりがな = Thomas Kurihara
| 画像ファイル =
| 画像サイズ =
| 画像コメント =
| 本名 = 栗原 喜三郎 <small>くりはら きさぶろう</small>
| 別名 = 栗原 トーマス <small>くりはら トーマス</small>
| 出生地 = {{JPN}} [[神奈川県]][[中郡 (神奈川県)|中郡]][[秦野町]](現在の同県[[秦野市]])
| 死没地 =
| 国籍 = {{JPN}}
| 民族 =
| 血液型 =
| 生年 = 1885
| 生月 = 1
| 生日 = 24
| 没年 = 1926
| 没月 = 9
| 没日 = 8
| 職業 = [[俳優]]、[[映画監督]]
| ジャンル = [[サイレント映画]]
| 活動期間 = [[1912年]] - [[1926年]]
| 活動内容 =
| 配偶者 =
| 家族 =
| 公式サイト =
| 主な作品 = <!--皆が認める代表作品を入力-->
| アカデミー賞 =
| AFI賞 =
| 英国アカデミー賞 =
| セザール賞 =
| エミー賞 =
| ジェミニ賞 =
| ゴールデングローブ賞 =
| ゴールデンラズベリー賞 =
| ゴヤ賞 =
| グラミー賞 =
| ブルーリボン賞 =
| ローレンス・オリヴィエ賞 =
| 全米映画俳優組合賞 =
| トニー賞 =
| 日本アカデミー賞 =
| その他の賞 =
| 備考 =
}}
 
'''トーマス・栗原'''(-'''くりはら'''、本名'''喜三郎'''、-きさぶろう、[[1885年]][[1月24日]] - [[1926年]][[9月8日]])は、[[ハリウッド]]で活躍した日本人[[俳優]]であり、帰国してわずか1年数か月で30本の作品を残した[[無声映画]]時代の日本の[[映画監督]]である。'''栗原 トーマス'''とも
 
== 来歴・人物 ==
[[1885年]](明治18年)[[1月24日]]、[[神奈川県]][[中郡 (神奈川県)|中郡]][[秦野町]](現在の同県[[秦野市]])に、材木商の子として生まれる。
 
父の事業の失敗を見て、単身渡米。[[1912年]](明治45年)、27歳のときに映画俳優養成所に入り、エキストラとして映画出演後、[[トマス・H・インス]]が設立したアジア系俳優に特化した「オリエンタル・プロダクション」に入る。[[早川雪洲]]、[[青木鶴子]]、[[木野五郎]]らと東洋を題材とした映画に多数出演する。特に、[[桜島]]噴火を扱った『火の海』の予言者は当たり役となった。
 
日本での映画製作を志し、[[1918年]](大正7年)、帰国する。[[1920年]]4(大正9年)4月、35歳のとき、知人の[[浅野良三]]([[浅野財閥]]創始者の子息)が[[横浜市|横浜]]・[[山下町]]に設立した、「[[撮影所]]」をもつ[[映画会社]]・大正活動写真(のちの[[大正活]]に、撮影所長兼監督として入社する。その第1回作品『[[アマチュア倶楽部]]』の監督を務め、同作は同年[[11月19日]]に公開になる。1922年(大正11年)の初頭に「大活」が製作を中止するまでの1年あまりで、劇映画、[[ドキュメンタリー]]含めて、30本もの作品を監督した。彼の教えを受けたものは数多く、監督の[[内田吐夢]]、[[井上金太郎]]、[[二川文太郎]]、俳優の[[岡田時彦]]、[[江川宇礼雄]]、[[葉山三千子]]、[[渡辺篤 (俳優)|渡辺篤]]らがいる。「大活」で初めて映画界に入り、のちに映画監督になった者も、最初のキャリアは、栗原同様、「俳優」から始めたのだった。
 
その後、内田吐夢らが設立した映画会社{{要出典}}に協力するなどしたが、生来の持病が悪化し、[[1926年]](大正15年)[[9月8日]]、志半ばで死去した。41歳没。
 
== フィルモグラフィ ==
栗原のほとんどのフィルモグラフィは「大活」のそれと一致する。''[[大正活#フィルモグラフィ]]''に栗原の「大活」時代のそれが網羅されているので参照のこと。
* [[アマチュア倶楽部]] 』 : 1920年 ※ - 監督デビュー作
* 美しき日本 』 : 1920年
* 葛飾砂子 』 : 1920年 
* 『[[蛇性の淫 ]]』 : 1921年 
* 久遠の響 』 : 1923年 ※ - 遺作
 
== 関連事項 ==
* [[東洋フィルム]] - [[大正活]] - [[松竹|松竹キネマ]]
* [[谷崎潤一郎]]
* [[ヘンリー・小谷]]
14,737

回編集