「ドリス・ハート」の版間の差分

ボックス・セット/混合ダブルスのパートナーについて
m編集の要約なし
(ボックス・セット/混合ダブルスのパートナーについて)
{{テニス選手
'''ドリス・ジェーン・ハート'''('''Doris Jane Hart''', [[1925年]][[6月20日]] - )は、[[アメリカ合衆国|アメリカ]]・[[ミズーリ州]][[セントルイス]]出身の女子[[テニス]]選手。[[第二次世界大戦|第2次世界大戦]]の終戦直後の時代に活躍し、[[1940年代]]後半から[[1950年代]]前半にかけて、テニス4大大会の女子シングルス・女子ダブルス・混合ダブルスの3部門すべてに「[[グランドスラム (テニス)|キャリア・グランドスラム]]」を達成した名選手である。女子シングルスで総計6勝、女子ダブルスで総計14勝、混合ダブルスで総計15勝を挙げ、生涯で「35」のグランドスラム・タイトルを獲得した。幼少期に患った足の病気をものともせず、頭脳的で安定したオールラウンド・プレーヤーとして一世代をリードした。
|選手名(日本語)=ドリス・ハート
|写真=
|写真サイズ=
|写真のコメント=
|選手名(英語)=Doris Hart
|フルネーム(英語名)=Doris Jane Hart
|愛称=
|国籍={{USA}}
|出身地=同・ミズーリ州セントルイス
|居住地=
|誕生日={{生年月日と年齢|1925|6|20}}
|没年日=
|死没地=
|身長=
|体重=
|利き手=右
|バックハンド=
|デビュー年=
|引退年=
|ツアー通算=
|シングルス=
|ダブルス=
|生涯通算成績=
|シングルス通算=
|ダブルス通算=
|全豪オープン=優勝(1949)
|全仏オープン=優勝(1950・52)
|ウィンブルドン=優勝(1951)
|全米オープン=優勝(1954・55)
|優勝回数=6(豪1・仏2・英1・米2)
|全豪オープンダブルス=優勝(1950)
|全仏オープンダブルス=優勝(1948・50-53)
|ウィンブルドンダブルス=優勝(1947・51-53)
|全米オープンダブルス=優勝(1951-54)
|ダブルス優勝回数=14(豪1・仏5・英4・米4)
|全豪オープン混合ダブルス=優勝(1949・50)
|全仏オープン混合ダブルス=優勝(1951-53)
|ウィンブルドン混合ダブルス=優勝(1951-55)
|全米オープン混合ダブルス=優勝(1951-55)
|混合ダブルス優勝回数=15(豪2・仏3・英5・米5)
|シングルス最高=
|ダブルス最高=
}}
'''ドリス・ジェーン・ハート'''('''Doris Jane Hart''', [[1925年]][[6月20日]] - )は、[[アメリカ合衆国|アメリカ]]・[[ミズーリ州]][[セントルイス]]出身の女子[[テニス]]選手。[[第二次世界大戦|第2次世界大戦]]の終戦直後の時代に活躍し、[[1940年代]]後半から[[1950年代]]前半にかけて、テニス4大大会の女子シングルス・女子ダブルス・混合ダブルスの3部門すべてに「[[グランドスラム (テニス)|キャリア・グランドスラム]]」を達成した名選手である。女子シングルスで総計6勝、女子ダブルスで総計14勝、混合ダブルスで総計15勝を挙げ、生涯で「35」のグランドスラム・タイトルを獲得した。幼少期に患った足の病気をものともせず、頭脳的で安定したオールラウンド・プレーヤーとして一世代をリードした。フルネームは ''Doris Jane Hart'' (ドリス・ジェーン・ハート)という
 
ドリス・ハートは幼少時代に深刻な膝の感染症を患い、「このままでは身体障害者になるおそれがある」と診断されたことから、治療のために6歳から[[テニス]]を始めた。当時の医学上の診断では、彼女の病気は「[[急性灰白髄炎|小児麻痺]]」と言われた。(後に、この診断は誤りであると分かった。)病気の影響のため、彼女の足は“弓のように曲がり、動きがおぼつかなく見える”外見になったが、それにもめげず回復してテニス選手になることができた。早くも[[第二次世界大戦|第2次世界大戦]]中の[[1942年]]、ハートは17歳で[[1942年全米テニス選手権|全米選手権]]の女子ダブルス決勝に初進出を果たす。当時の全米選手権では、[[マーガレット・オズボーン・デュポン|マーガレット・オズボーン]]と[[ルイーズ・ブラフ]]組が[[1942年全米テニス選手権|1942年]]から[[1950年全米テニス選手権|1950年]]まで女子ダブルス部門に「9連覇」中で、その期間中にハートは7度の女子ダブルス準優勝の壁にぶつかった。
 
長い間立ちはだかった大きな壁を乗り越えて、ドリス・ハートのテニス経歴が大きく開花したのは[[1951年]]に入ってからである。この年、彼女は[[1951年ウィンブルドン選手権|ウィンブルドン選手権]]の女子シングルス決勝戦でダブルス・パートナーの[[シャーリー・フライ]]を 6-1, 6-0 で圧倒した。相手にわずか1ゲームしか与えず、試合時間は35分で終了した。ウィンブルドン選手権の女子シングルスでは[[1947年ウィンブルドン選手権|1947年]]と[[1948年ウィンブルドン選手権|1948年]]に2年連続準優勝があったため、ハートにとっては“3度目の正直”の優勝だった。この年から、ハートはウィンブルドン選手権の混合ダブルス5連覇([[1951年ウィンブルドン選手権|1951年]]-[[1955年ウィンブルドン選手権|1955年]])、全米選手権の女子ダブルス4連覇([[1951年全米テニス選手権|1951年]]-[[1954年全米テニス選手権|1954年]])、全米選手権の混合ダブルス5連覇([[1951年全米テニス選手権|1951年]]-[[1955年全米テニス選手権|1955年]])を記録し、ダブルスでも黄金期を迎えた。シングルスでは、[[1953年]]に[[モーリーン・コノリー]]が女子テニス史上初の「[[グランドスラム (テニス)|年間グランドスラム]]」を達成したが、ハートやフライたちはコノリーのライバルであった。
 
混合ダブルスでは、ハートと息を合わせたパートナーは[[フランク・セッジマン]]([[オーストラリア]])と[[ビック・セイシャス]](アメリカ)の2人であった。セッジマンとは[[1949年]]から[[1952年]]までコンビを組み続けたが、1952年末にセッジマンが「プロテニス選手」に転向する。その後はセイシャスと組み、この2人と一緒にハートはウィンブルドン選手権・全米選手権の混合ダブルス5連覇(1951年-1955年)を成立させた。
 
ドリス・ハートにとって、最後の壁は[[全米オープン (テニス)|全米選手権]]女子シングルスのタイトルであった。ここでも彼女は何度も苦杯をなめ、[[1949年全米テニス選手権|1949年]]と[[1950年全米テニス選手権|1950年]]、[[1952年全米テニス選手権|1952年]]と[[1953年全米テニス選手権|1953年]]に4度の準優勝に甘んじていた。とりわけ、1952年と1953年の決勝では2年連続で[[モーリーン・コノリー]]に敗れ、[[1953年全米テニス選手権|1953年全米選手権]]の決勝では 2-6, 4-6 で敗れたハートが、コノリーによる女子テニス史上初の「[[グランドスラム (テニス)|年間グランドスラム]]」を目撃した。ところが、[[1954年]]の[[1954年ウィンブルドン選手権|ウィンブルドン選手権]]優勝で4大大会女子シングルス通算「9勝」を記録したコノリーが、全米選手権の開幕直前に落馬事故で選手生命を絶たれてしまう。コノリーの事故の後、ハートは[[1954年]]の[[1954年全米テニス選手権|全米選手権]]で女子シングルス初優勝を果たし、長年の壁だった[[ルイーズ・ブラフ]]を 6-8, 6-1, 8-6 で破り、最後の難関を乗り越えた。これで、ハートはテニス4大大会の3部門すべてに「[[グランドスラム (テニス)|キャリア・グランドスラム]]」を完成させた。これをテニス界では「ボックス・セット」(Boxed Set)と呼ぶ。ハートの優勝記録は[[1955年]]にすべて幕を閉じたが、これで[[1947年]]から積み上げてきたタイトルの数は総計「35勝」となった。幼少期の難病と多くの先輩選手たちの厚い壁を乗り越えたドリス・ハートは、[[1969年]]に[[国際テニス殿堂]]入りを果たしている。
 
{{DEFAULTSORT:はあと とりす}}
[[Category:アメリカ合衆国の女子テニス選手]]
[[Category:国際テニス殿堂入りの人物]]
[[Category:ミズーリ州の人物]]
24,187

回編集