メインメニューを開く

差分

編集の要約なし
セーファーセックスは日本においては未だ十分に意識されているとは言い切れず、また実際の方法についての誤解も多い。これは、実際の性交に関する正しい情報および[[性教育]]の機会が不足していること、性について相談できる相手や場所が少ないこと、「道具を使わない方が快感が強い」などの説があること、避妊とセーファーセックスを混同していることなどが挙げられるだろう。
 
だが、セーファーセックスが広がらないもっとも大きな理由は、「特定の相手としかセックスをしない自分が性病などにかかるわけがない」という考えがあることだろう。確かに不特定多数とリスクの高いセックスをしないことは性病などの予防策のひとつではあるが、しかし、「特定の相手」こそが性病などのウィルスのキャリアーであることも十分考えられる(特にHIVについては、潜伏期が長いことや母子感染という経路があることから、すぐには陽性者であるとはわからない)
 
以上のことより、特定の相手としか性交渉を持たないからといって、セーファーセックスをしない理由にはならない。
==具体的なセーファーセックス==
 
以下、具体的な方法のうち、代表的なものを羅列してく。
 
*[[コンドーム]]を使用する。
*女性器同士の接触の際、直接接触しないようにする。
*女性器への直接の[[オーラルセックス]]を行わない。
*:上記の二つは、コンドームを切り開いたものや[[食品用ラップフィルム]]などを使用するだけでリスクは低くなる。(ただし、[[避妊#殺精子剤|殺精子剤]]を使用しているコンドームを利用する場合、そちら側を舐めないように))。
*肛門への直接のオーラルセックスを行わない。
*:こちらも、女性器へのオーラルセックスと同様の方法で防げると考えられる。
*不特定多数の相手との性交を自粛する。
*自分もパートナーも、きちんと検査および適切な治療を受ける。
*[[ウィンドウピリオド]]を避けるため、異性との交際を始めたときから最低でも1月は性交渉を控え、性交渉に至る前にお互いがキャリアでないことを確認するために検査を受ける。
 
{{Medical-stub}}
匿名利用者