「アドホック」の版間の差分

編集の要約なし
ヨーロッパ諸語では様々な語句と組み合わせて用いられている。
 
==ad hoc mode 無線アドホック・モネットワ==
従来型の移動体通信(携帯電話など)では、基地局、および、それらを繋ぐ固定網などの基盤設備が必須である。
しかし、[[無線アドホックネットワーク]]では、各端末自身が自律的にルーティングを行い(いわば、各端末が[[ルーター]]、[[L3スイッチ]]の役割を持つ)、マルチホップ通信を行う。
無線アドホックネットワークに固定ネットワークは不要であり、本質的にインフラレスである。
したがって、ネットワークを構築したい環境に端末を散布するだけ、端末が寄り集まるだけで、ネットワークを即席的に構築可能である。
 
==モバイルアドホックネットワーク==
[[MANET]]。無線アドホックネットワークの一つの形態である。
MANETでは、ラップトップや、携帯電話など、携帯可能である端末で無線アドホックネットワークを構築する。
 
==アドホック・モード==
{{main|アドホック・モード}}
 
コンピュータネットワーク関連の用語。「ピア・ツー・ピアモード」あるいは「インディペンデントモード」とも言う。[[無線LAN]]クライアント同士が、アクセスポイントを介さず、直接通信を行う。[[インフラストラクチャー・モード]]に比べて電波使用効率が良い。(→「[[アクセスポイント (無線LAN)]]」も参照)
 
==ad hoc querying アドホック・クエリ==
{{main|アドホック・クエリ}}
 
匿名利用者