「ヨ・ラ・テンゴ」の版間の差分

 
== バンド名の由来 ==
バンド名のヨ・ラ・テンゴは、[[メジャーリーグ]]での逸話に由来する。[[1962年]]、[[ニューヨーク・メッツ]]でセンターを守っていたリッチー・アッシュバーンは、ショートでベネズエラ人のエリオ・シャソンと外野で衝突することがあった。これはシャソンがベネズエラ出身で英語を話せないためにず、意思の疎通が図れないためであった。そこで、英語を話せないシャソンのためにアッシュバーンはスペイン語で"¡Yo la tengo!(俺が取る!) "と叫ぶようにし、シャソンとの衝突を免れることができた。しかしある時、油断したアッシュバーンはスペイン語を話せないレフトのフランク・トーマスとぶつかってしまった。起き上がったトーマスはアッシュバーンに "What the heck is a Yellow Tango?(イエロー・タンゴって何だよ?)"と尋ねたという。
 
 
== ディスコグラフィー ==
匿名利用者