「ウソスコア」の版間の差分

編集の要約なし
{{独自研究}}{{出典の明記|date=2009年9月}}
'''ウソスコア'''(嘘スコア)とは、[[コンピュータゲーム]]の[[ハイスコア]](またはクリアタイム)の集計において、正当でない方法で出したスコア(タイム)のことをいう。
 
ウソスコア発覚の端緒で最も基本的なものは、最少得点の桁(けた)で本来ありえない数字が記載されている場合である。得点の最小単位が50点または100点なのに申請されたスコアの10の位がありえないはずの「10~40・60~90」になっているというのがその例である。コンティニューした場合、スコアを一旦0点にリセットし、さらにコンティニューした証として最小単位よりも小さい「1点」を付加するゲームもあるため、完全に嘘と断定できないケース<ref>コンティニューを100回行うと、1・10の位が「00」になるため、判断できなくなる場合がある。</ref>もあるが、そもそもコンティニューで出したスコアは有効な記録ではないため、考慮する必要はほとんどない。
 
有名な事件としては、[[ファミリーコンピュータMagazine]]([[徳間書店インターメディア]])で創刊時から人気のあった「ハイスコアルーム」にて、[[スクリーンショット]]を合成した画面写真を送ってハイスコアを申告し、不正が見破られずに掲載された事件が存在する。投稿者のペンネームより「'''スーパータイガー事件'''」と<!-- ここに「も」を入れるのは、スーパータイガー事件以外の呼び名のほうが一般的な場合 -->呼ばれる事件で、読者がハイスコア写真を検証して指摘した結果偽造が発覚し、スクリーンショットを[[X1]]で加工したものと判明した。
 
また、[[プレイステーション|PS]]用ソフト[[ザナック×ザナック]]のインターネットランキングにおいて、特定のステージでプレイした場合、通常では達成不可能なスコア(999,999,999点で[[カウンターストップ|カンスト]])が掲載されたことを受け、販売元の[[コンパイル (企業)|コンパイル]](現在は倒産)はインターネットランキング上位入賞者に「ゲームプレイの動画」を提出するよう義務つけるようになったという事件もあった。後にこのハイスコアは[[プロアクションリプレイ]]による[[改造コード]]を使用して出したものだということが判明している。
匿名利用者