「三浦盛時」の版間の差分

m
編集の要約なし
(新しいページ: ''''三浦 盛時'''(みうら もりとき 生没年不詳)は、鎌倉時代の武士。三浦氏佐原流の出身。父は佐原盛連、母は[[矢部...')
 
m
宝治合戦の直前、津軽の海辺に「人間の死骸のような」魚が漂着するという事件があった。盛時はこの顛末を時頼に報告し、更に、奥州合戦の直前にも酷似した現象があったことから、合戦の予兆であるとも指摘した。この話は「吾妻鏡」に収録されている話で、これは盛時が宗家の泰村の「征伐」を時頼に教唆したことの示唆ではないかとも解釈されている<ref>「時頼と時宗」55ページ、「吾妻鏡事典」275ページ</ref>
 
合戦当日、盛時の兄弟達は時頼の与党と共に時頼の館に結集したが、盛時自身は何らかの事情があって参戦に遅刻したらしい。遅れた盛時は屋敷の塀を乗り越えて時頼の館に到着し、この行動に簡単感嘆した時頼から盛時は鎧を賜った。
 
宝治合戦で三浦一族が滅びると、盛時は三浦介に任命され、三浦の家を継承した。三浦家の家督は、嫡流から傍流の佐原流に推移したことになる。盛時は三浦介、三浦家棟梁としての扱いを受ける一方で、将軍の鶴岡八幡宮参詣や[[放生会]]などでは随兵の役目しか回されず、宝治合戦で滅びる前、三浦氏がまだ隆盛していた頃の厚遇を受けることはなかった。三浦介となり、三浦の宗家を継承したが、待遇そのものはあくまで佐原氏時代のものが踏襲されたという。<ref>「北条氏系譜人名辞典」三浦盛時の項目</ref>
3,941

回編集