「三浦盛時」の版間の差分

編集の要約なし
1232年、[[九条頼経]]が鶴岡八幡宮に参詣するさい供奉人として参列したのが史料の初見となる。1241年、頼経が[[明王院]]北斗堂の供養の為行列を組んだ時は御家人役の一人に名が見える。宝治合戦後の1247年、[[京都大番役]]の再編の際には三浦介として御家人役の分担し、1252年、[[宗尊親王]]が鶴岡八幡宮に参詣した際には後陣の随兵として名が見える。
 
盛時の母矢部禅尼は、最初[[北条泰時]]に嫁いでいたが、離縁して[[佐原盛連]]に再縁したという経緯を持つ。両者との間に[[北条時氏]]、盛時ら兄弟を設けており、盛時は時氏と異父兄弟の関係にあり、った。それゆえ得宗との血縁的な結びつきが強かった。
 
その為か、[[三浦泰村]]らが滅んだ宝治合戦では嫡流の泰村らとは袂を分かち、佐原流三浦一族を率いて[[北条時頼]]に与した。合戦に先んじて、時頼は盛時を陸奥国糠部五戸郡の地頭代官に任命しており、既に盛時は時頼に懐柔されて得宗被官になっていたという。
 
宝治合戦の直前、津軽の海辺に「人間の死骸のような」魚が漂着するという事件があった。盛時はこの顛末を時頼に報告し、更に、奥州合戦の直前にも酷似した現象があったことから、合戦の予兆であるとも指摘した。この話は「吾妻鏡」に収録されている話で、これは盛時が宗家の泰村の「征伐」を時頼に教唆したことの示唆ではないかとも解釈されている<ref>「時頼と時宗」55ページ、「吾妻鏡事典」275ページ</ref>
匿名利用者