「ポリュドロス」の版間の差分

編集の要約なし
編集の要約なし
編集の要約なし
'''ポリュドロス'''(希:Πολύδωρος、英:Polydorus、[[紀元前700年]]-[[紀元前665年]])はアギス朝の[[スパルタ王]]である。
 
ポリュドロスは先王[[アルカメネス]]の子で、次代の王[[エウリュクラテス]]の父である。彼は[[第一次メッセニア戦争]]の初期に統治し、共同統治者の[[テオポンポス (スパルタ王)|テオポンポス]]と共にその戦争を戦い、勝利した。この、[[スパルタ]]は彼の治世の間[[クロトナ]]と[[ポリュドクリ]]に殖民都市は大きな名声建設した。[[パウサニアス]]によれば彼は誰に対しても粗暴な振る舞いをせず、無礼な口も聞かず、裁判にあたっても公正な名望高い王であり、[[ギリシア]]全土に盛名をはせていが、高名な家の出ために民衆から人気もあった<ref>パウサニアス, III, 3, 2</ref>。ポリュドロスは[[貴族]]のポレマルコスによって殺された(<ref>パウサニアス『ギリシア記』、, III, 3, 3、2)。そして</ref>、ポリュドロスんだ後、人々は彼の妻から牛と引き換えに彼の館を買い取った(ibid、<ref>ibid, III, 12, 3</ref>。[[パウサニアス]]によれば3歴代の王の中でもポリュドロスは特に尊敬されており3)役職に付いた人は印章を押す際にはポリュドロスの像を押印したという<ref>ibid, III, 11, 10</ref>
 
また、[[スパルタ]]はポリュドロスの治世の間に[[クロトナ]]と[[ロクリス]]に殖民都市を建設した<ref>ibid, III, 3, 1</ref>。
スパルタの人々は諸王の仲でもポリュドロスを特に尊敬していたようであり、役職についた人々は[[印章]]を押す必要のあるものには全て彼の像を押印したという(ibid、3、3、2)。
 
== 註 ==
{{reflist}}
 
== 参考文献 ==
*[[パウサニアス]]著、飯尾都人訳、『ギリシア記』、[[龍渓書舎]]、1991年
 
 
3,146

回編集