「サンティアーゴ・デ・クーバ」の版間の差分

m (ロボットによる 変更: sr:Сантијаго де Куба)
 
==歴史==
[[1514年]]6月28日にスペイン人[[コンキスタドール]]の[[ディエゴ・ベラスケス・デ・クエリャル|ディエゴ・ベラスケス]]によって設された[[古都1516年]]居住区は火災ある焼失したが、すぐに再建された。[[16世紀|16]]~[[17世紀]]には[[海賊]]による密貿易の拠点であった。[[1518年]]、この町から[[フアン・デ・グリハルバ]]や[[エルナン・コルテス]]がメキシコ海岸の探検に出ている。[[1538年]]には[[エルナンド・デ・ソト]]が[[フロリダ]]に向けて旅立った。[[1528年]]に最初の大聖堂が建てられた。[[1522年]]から[[1589年]]まで、サンティアーゴ・デ・クーバは、スペイン植民地キューバの首都であった。[[1553年]]にはフランス軍が、[[1662年]]にはイギリス軍が町を占拠した。
 
[[18世紀]]末や[[19世紀]]初頭に[[1791年]]に起きた[[ハイチ革命]]により[[ハイチ]]から亡命した[[フランス人]]が移住流入し、[[サトウキビ]]の栽培地域が拡大された。その影響で、市内の通りには[[スペイン]]と[[フランス]]の様式で建てられた建物が今なお現存している。
 
[[1898年]]、この地でキューバにおける[[米西戦争]]の戦火が発生し、後のキューバ[[独立]]に寄与する結果となった。
匿名利用者