「テレマークスキー」の版間の差分

編集の要約なし
編集の要約なし
後にスイスの急峻な山岳で進化したアルペンスキーはレジャーや競技としての地位を築き、クロスカントリースキーとジャンプスキーも競技として一般化した。ところがテレマークスキーはそれらの陰に隠れ、一時期は忘れ去られる存在となってしまう。再び世に出るのは1970年代になってからで、クロスカントリースキーの流行とともにアメリカに於いてクロスカントリー用の板で斜面を滑降する技術として復活し、現在に至っている。
 
現在では、[[冬季オリンピック]]競技のクロスカントリーや[[ノルディックスキー|ノルディック]]コンバインド(複合)で有名なノルディックスキーの一種もしく別名として使われることが多い。[[リレハンメルオリンピック]]の開会式で、その存在を改めて世界中に知らしめた。テレマークスキーヤーはテレマーカーとも呼ばれ、徐々にではあるがその数を増やしつつある。
 
テレマークスキーには二つの意味があり、上に述べたスキースタイルとスキー用具両方であるが、スタイルは用具と密接に関わっているため、テレマークスキー用具の特徴とそれによって決まってくるスキースタイルについて説明する。
匿名利用者