「打撃技」の版間の差分

m
編集の要約なし
m (タックルは、国語辞典に体当たりの意味が記載されているものがあるため、日本での使用を前提にした表現に変更。)
m
 
===殴打技===
手・腕を使用して相手を殴打する打撃技。'''手技'''とも。前方へまっすぐ腕を突き出す「突き技」と振り回すようにして繰り出す「突き打ち技」に大別できる。[[パンチング|パンチ]]、[[肘打ち]]、[[エルボー・バット]]、[[チョップ]]などがある。
 
===蹴撃技===
主に倒れている相手に対して、立っている状態から倒れこんで自らの体の一部を相手へ当てる。プロレスにおいては飛び技との複合技も多い。肘を当てる[[エルボー・ドロップ]]、膝を当てる[[ニー・ドロップ]]、脚部を当てる[[ギロチン・ドロップ]]、拳を当てるフィスト・ドロップ、腹部を当てる[[ダイビング・ボディ・プレス|ボディ・プレス]]、背面を当てる[[セントーン]]などがある。セントーンやボディ・プレス系の技は'''圧殺技'''として別分類にされたり、飛び技に分類されたりする。
 
また、[[オクラホマ・スタンピード]]のように[[投げ技]]と浴びせ技を組み合わせたものも存在する。
 
===打ち付け技===
投げ技との複合技。相手を担ぎ上げて投げ捨て、自らの体の一部に打ち付ける、もしくは相手の体の一部を両手で掴み、自らの方へ引き寄せて自分の体の一部をぶつける技。プロレス以外の格闘技ではあまり見ないが、総合格闘技では稀に使用者がいる。「叩きつけ技」に分類される場合もある。ニー・クラッシャー、ショルダー・バスター、チン・クラッシャー、ストマック・ブロックなど。
 
==関連項目==