「ナースのお仕事の登場人物」の版間の差分

本シリーズの登場人物では、全シリーズ通して登場しているのはこの2人だけである。
;朝倉いずみ(あさくら いずみ)役 [[観月ありさ]]
:本シリーズの主人公。昭和49年生まれだが、パート1では誕生日が4月15日だったのが、パート4では7月2日になっている (いずれも看護師免許証に記載)。
:本シリーズの主人公。
:*[[栃木県]]出身。東京へ出て遊びたいという理由で色々な短大や専門学校を受験するが、全て不合格となり、唯一合格した看護学校に入学し上京する(本人曰く[[トコロテン|ところてん]]式)。だが、自分の考えとは逆に全く遊べないまま卒業し、若葉会総合病院にナースとして就職。本人の想像以上にハードな仕事環境と失敗が多いことから何度か辞めようと思うが、奨学金返済の為もあり仕事を続ける(奨学金返済のために掛け持ちの仕事も)。そんな状況の中、仕事上の経験を通して徐々にナースとしての自覚が出てくるようになる(パート3以降では自称「ベテランナース」)。
:*絵に描いたようなドジナースで、点滴は3回に1回は失敗、採血は下手、入浴介助で熱湯を出す、ワゴンをひっくり返すなど、普段はミスを連発(パート3では患者からドジナース1位という不名誉な称号も)。しかし、患者の急変時や事故等で怪我人が多数運ばれたときなどは、見違えたように的確な行動をとる。逆境に強い、いざというときに本領を発揮するナースである。
:*患者に人一倍心優しいいずみと出会うことにより、技術一点張りだった仕事の仕方に変化が見られるようになる。いつもいずみに怒鳴ってばかりだが、2人の絆は深い。いずみからは「先輩」と呼ばれている。
:*いずみとは対照的に、サッパリとした性格で几帳面・負けず嫌い。同期の大島とは最大のライバルで、大島が自分の主任・婦長の座を奪うと目論んでいたときにはその座を死守した。しかし、大島とはあくまでも仕事上のライバルであり、ドクターと対立を起こすときには、必ずと言っても良いくらいに手を組む。
:*スペシャルで沢田と結婚したが沢田の渡米が決まった際、ナースを辞めることができず日本に残ることを決断し、パート4で離婚(娘のまりあは尾崎の元に移る)。パート4では永島と次第によい関係になり、第12話で永島からプロポーズを受けられ、一時は断ってしまうが、最終回で沢田が送った手紙の招きで渡米、そこで沢田から別の女性との再婚読んつげられたこと、結局永島のプロポーズを受けた。パート1では彼女の高校時代のクラスメート、元担任、パート3の第21話では新人時代を知る元同僚ドクターが登場した(元クラスメートからだまされ数百200万を失い、看護婦寮に戻る羽目に)。
:*全シリーズを通してよく居酒屋に行ったり、いずみの自宅のアパートで缶ビールを大量に飲んだりと、いずみ以上に酒に強い。
:*同僚ナースに対しては(いずみより後輩の赤木や河合に対しても)ほとんど「さん」付けであったがいずみに対しては全シリーズ通して「朝倉」と呼び捨てであった。
242

回編集