「保証」の版間の差分

(冒頭をOtherusesに変更)
 
=== 継続的保証 ===
一定の範囲で継続的に発生する不特定の債務を包括的に保証するという保証の形態を'''継続的保証(根保証)'''といい、その債務の範囲として金銭の貸渡しや手形の割引を含むもので保証人が個人であるものを'''貸金等根保証'''という([[b:民法第465条の2|465条の2]])。
 
継続的保証の例として、身元保証や信用保証がある。[[商工ローン]]で問題となることが多く、これについては[[クレサラ問題]]の記事を参照。
 
「民法の一部を改正する法律」が平成17年4月1日より施行され、個人である保証人の保護を図るため、貸金等根保証についてそれまでの取扱いを大きく変える改正がなされた。
貸金等根保証契約では、極度額を約定しない場合、無効となる。また、5年以内の元本確定日を定めなければならず、定めなかった場合は3年となるほか、5年を超える確定日を定めた場合も3年となる。
 
=== 共同保証 ===
匿名利用者