「類 (アクセント)」の版間の差分

内輪・外輪などを除く
(出典を明確化)
(内輪・外輪などを除く)
 
== 具体例 ==
語のアクセントは[[助詞]](「が」「に」「を」など)が付いた形で考える必要がある。つまり、東京式アクセントでは「鼻」と「花」はどちらも「は'''な'''」と発音され、一見すると区別がないようにも見えるが、助詞を付けて考えると「(鼻)は'''なが'''」、「(花)は'''な'''が」と発音され区別がある。京阪式アクセントでは、助詞を付けると[[自立語]]部分のアクセントまで変わることがある。<!--東京式アクセントは、名詞のアクセントパターンを元に内輪型、中輪型(東京がこれにあたる)、外輪型に分けられる。 - 省いた方が文意が通るのでしばらくトル-->
 
以下、語類の分類と、例として現代の京都・東京のアクセントを示す。「降」は一拍内で高から低に下がることを表す。()内は助詞。
:二類…名・葉・日など
 
::京都で高低(低) 東京で低(高) (内輪型では高(低))
 
:三類…絵・木・酢・田・手・荷・根・火・目・湯・輪など
:二類…石・岩・歌・音・型・川・紙・北・下・旅・次・梨・橋・旗・肘・昼・冬・町・胸・村・雪など
 
::京都で高低(低) 東京で低高(低) (外輪型では低高(高))
 
:三類…足・明日・池・犬・家・色・馬・裏・親・神・髪・岸・草・靴・熊・倉・事・米・坂・塩・島・谷・月・土・時・年・波・海苔・墓・恥・花・腹・晴れ・耳・物・山・指など