「台北栄民総医院」の版間の差分

編集の要約なし
 
==規模==
開院当初は病床数約600の現役または退役軍人専用病院であったが、現在では一般でも利用できる。1日の外来患者は10,000人台、病床数約3,000、医師数960人強、看護師約2200人強をはじめ全職員数は5,000人を超える。病院は中正棟、思源棟、長青棟、第一、二、三門診ビル、致德棟、神経再生センター、身障センター、動力センター等で構成され,敷地面積302,216ヘクタール,総建築面積は511,364平方キロメートルとなっている。
 
==沿革==
*[[1958年]][[7月1日]]創立、[[1959年]][[11月1日]]正式に業務を開始。首任院長は盧致德博士。
*[[1971年]]經[[蔣經国]]指示、會同[[国防医学院]]共同成立[[国立陽明大学|陽明医学院]]培養医療人材。
*[[1981年]] [[台中市|台中]][[台中榮民総医院|台北栄総台中分院]]([[台中市|台中]])開院。
*[[1985年]]台湾で初めての試験管ベビーが本院で誕生。
*[[1988年]]第7代[[中華民蔣經]][[総統]]蔣經国,本院で逝去。;台北栄総台中分院が独立し[[台中榮民総医院|台中栄民総医院]]となる。
*[[1990年]][[高雄市|高雄]][[高雄榮民総医院|台北栄総高雄分院]]([[高雄市|高雄]])開院。
*[[1993年]]台北栄総高雄分院が独立し[[高雄榮民総医院|高雄栄民総医院]]となる。
*[[2004年]]前総統夫人であった[[蔣方良]]夫人、本院にて病逝。
*[[2006年]]前行政院長であった[[孫運璿]]資政、本院にて病逝。
*[[2009年]][[1月16日]]前[[台大医院]]院長、前[[衛生署]]署長林芳郁が本院総院長に就任。
 
==117号病室==
508

回編集