「ガイウス・グラックス」の版間の差分

m (ロボットによる 変更: sl:Gaj Sempronij Grakh)
 
=== 護民官に再選 ===
[[紀元前122年]]、ガイウスは再び護民官選挙に出馬する。護民官の再選−護民官の官職は元老院入りの最初のキャリアに過ぎないと考えられていたので、通常では考えられないことであった。そして当し、なったガイウスはローマの下層市民の圧倒的支持を受けつつそして他方増大する元老院の反発を背景尻目に改革に躍を推しめようとていった。しかしながら成果は芳しくなく、保守的な[[執政官]]ルキウス・オピミウス([[:en:Lucius Opimius|en]])の前に彼らの法案は潰されてしまう。そして剛を煮やしたガイウス一派は過激な行動に出てしまい、それを口実として元老院はガイウスおよびその支持者に対して国家の敵」であるとする元老院最終勧告([[セナトゥス・コンスルトゥム・ウルティムム]]を可決したする。奴隷の機転でガイウスは逃げおおせたが、敵対者に捕まりそうになると配下の奴隷に自分を殺すよう命令、ガイウスは殺され、その奴隷も自ら命を絶った。
 
=== 死後 ===
匿名利用者