「営業職」の版間の差分

m
一部修正。
m (→‎営業職の内容: 零細企業の営業は飛び込みが基本です。)
m (一部修正。)
営業職従事者の主たる業務は自社の商品を販売する事であるが、加えてそれに付随する作業全般も含まれるため、販売だけでなく[[企画]]や[[調査]]、[[接待]]や[[アフターサービス]]といった要素を求められる事もある。企業によっては、営業職と企画や[[広告職]]、[[宣伝職]]を区別しない事がある。特に小規模事業所では、技術職以外の事務、庶務等も行う事までもある。営業職には多様な要素が含まれているため、ある程度、役割が分担されている事も多い。なお、[[営業事務]]職は本来、営業部局でのデータ作成・分析や営業マンへの連絡が主な業務であり外回りはしない事が多い。しかしさまざまな理由から、実際は営業職であるにも拘らず「営業事務」として求人が掛けられていることも多い。
 
新規客を訪問開拓するセールスマンの多くは、事前のアポイントメント(面会の約束。"アポイント"は誤用。略称アポとも)なしで一方的に訪問する(俗に言う'''飛び込み''')ことが多く、営業活動や取引契約に際して、しばしばトラブルの原因ともなる。また、アポに基づいて訪問するタイプの営業であっても、元のアポ自体はほとんどの場合強引な無差別電話勧誘によるものでありこちらもトラブルの原因となっている。
{{要出典|個人宅への営業活動は押し売りなど消費者とのトラブルも多く}}、[[訪問販売]]の一つの形態として[[特定商取引に関する法律]]が適用され、消費者保護が図られている。また、[[判例集|最判]]平成20年4月11日によれば、飛び込み営業が[[住居侵入罪]]に該当する可能性も出てきた。
 
一般に営業職の行う作業には以下のようなものがある。
; [[顧客]]の開拓
: 営業による新規顧客の開拓手法としては、先ずは手当たり次第に営業をかける飛込営業、見込み顧客へ営業を掛けて積極的に売り込む方法、[[広告]]を出して顧客からの反応を待つ方法、および両者を併用する方法の三通りがある。それぞれの例を挙げると、売り込み型は[[事務機器]]・[[リフォーム]]・[[配置販売業|配置薬]]・B to B、待ち型は注文住宅([[住宅展示場]])、併用型はマンション販売である。最後に飛込営業は[[駄目元]]で営業をかける方法。ノルマが危ない営業職は形振り構わず飛込営業でノルマ達成を狙う
: 営業先の選定方法は、既存顧客からの紹介や名簿の購入など業種により様々である。