「鉄筋コンクリート構造」の版間の差分

m
 
== 性質 ==
遮音性能は物質の比重の大きさに比例し、単位当たりの重量が重いほど遮音効率が良い。加えて適正な品質管理を行ない密実に打設されたコンクリートは構造体として連続性をもち、セメントが化学反応により硬化する際に発生する[[クラック]]と呼ぶひび割れが生じない限りは高い水密性が期待できる。これらの性質から防音性、保温性に優れ[[マンション]]等の構造に採用されるほか、[[スランプ試験|スランプ]]と呼ぶコンクリートを打設する際の硬さや柔らかさの設定次第でいわゆる[[コンクリートパネル|コンパネ]]の通称で知られる[[合板|コンジットパネル]]により組み立てられた型枠形状に流動性を以て追従し、平面形状や断面形状の自由度の高い形態を作り易く、意匠性の高い建物に使用されることが多い。一般戸建[[住宅]]を除き日本では多くの建物がこの工法で造られている。
 
== 経済性 ==
2,182

回編集