「アウグスト3世 (ポーランド王)」の版間の差分

編集の要約なし
m (ロボットによる 追加: nn:August III av Polen)
| 母親 = [[クリスティアーネ・フォン・ブランデンブルク=バイロイト]]
}}
'''アウグスト3世サス'''(August III Sas, [[1696年]][[10月7日]] - [[1763年]][[10月5日]])は、[[ポーランド・リトアニア共和国]]の国王(在位:[[1734年]] - [[1763年]])、[[ザクセン君主一覧|ザクセン選帝侯]](在位:[[1733年]] - [[1763年]])。[[アウグスト2世 (ポーランド王)|アウグスト2世]]の唯一の嫡出子、母は王妃[[クリスティアーネ・フォン・ブランデンブルク=バイロイト]]。ザクセン選帝侯としては'''フリードリヒ・アウグスト2世'''(Friedrich August II)と呼ばれる。[[フランス大元帥]][[モーリス・ド・サックス]]は異母弟
 
== 国王称号 ==
*[[ラテン語]]:Augustus tertius, Dei gratia rex Poloniae, magnus dux Lithuaniæ, Russiæ, Prussiæ, Masoviæ, Samogitiæ, Kijoviæ, Volhiniæ, Podoliæ, Podlachiæ, Livoniæ, Smolensciæ, Severiæ, Czerniechoviæque, nec non hæreditarius dux Saxoniæ et princeps elector.
アウグスト3世の晩年、[[1756年]]に[[七年戦争]]が勃発するが、ザクセンにもポーランドにも、もはやこれに対抗しうる国力はなかった。ザクセンは真っ先にプロイセンに占領され、アウグスト3世は宮廷をポーランドに避難させた。またポーランドは、プロイセンへ進撃するロシア軍の通り道にしかならなかった。ザクセンは帝国領であるが故に致命的な損失を免れたが、ポーランドでは国力の低下や王権の一層の弱体化、国家主権の衰退などを露呈させる結果となった。 
 
1763年10月、アウグスト3世は死去した。息子[[フリードリヒ・クリスティアン (ザクセン選帝侯)|フリードリヒ・クリスティアン]]がザクセン選帝侯を継承するも、同年12月に急死した。これにより、ザクセン選帝侯家はポーランド王位を失った(のち孫でフリードリヒ・クリスティアンの子、[[ザクセン王国|ザクセン王]][[フリードリヒ・アウグスト1世 (ザクセン王)|フリードリヒ・アウグスト1世]]が[[ワルシャワ公国|ワルシャワ公]]に擁立される)。翌[[1764年]]、ロシア女帝[[エカチェリーナ2世]]の圧力により、[[スタニスワフ・アウグスト・ポニャトフスキ|スタニスワフ2世]]がポーランド王に即位した。この王を最後として、[[ポーランド分割]]によってポーランド王国は消滅した。
 
== 子女 ==
匿名利用者