「Provoke (雑誌)」の版間の差分

編集の要約なし
{{小文字}}
『'''provoke'''』(プロヴォーク)とは[[写真家]]・[[中平卓馬]]、[[高梨豊]]、[[多木浩二]]、[[岡田隆彦]]らによって創刊された[[写真]][[同人誌]]。[[1968年]][[11月1日創刊。2号から[[森山大道]]も参加。3号まで発されたが、総括集「まずたしからしさの世界をすてろ」で廃刊。3号+総括集の出版であったが日本の[[写真史]]に残した功績は大きい
 
サブタイトルは「'''思想のための挑発的資料'''」。写真や写真批評だけの写真界に留まるのではなく、[[1960年代]]という政治的であり閉塞的になりつつあった[[思想]]を、写真を用いて破壊しようと考えていた。
 
2号から[[森山大道]]も参加。3号まで発刊されたが、総括集「まずたしからしさの世界をすてろ」で廃刊。わずか3号と総括集の出版であったが、日本の[[写真史]]に残した功績は大きい。
 
== 復刻版 ==
2001年、Steidl(ドイツの出版社Steidlから、この「provoke」1〜31~3に加えて森山大道「の『[[写真よさようなら]]』、中平卓馬「の『[[来たるべき言葉のために]]』、[[荒木経惟]]の『[[センチメンタルな旅]]をセットにした『The Japanese Box』([[ISBN 3-88243-301-9]])として復刻された。
 
== 関連項目 ==
匿名利用者