「ボイスオーバー」の版間の差分

編集の要約なし
'''ボイスオーバー'''('''voice-over'''、'''V.O.'''、'''VO''')とは、映画やテレビなどにおいて、画面に現れない話者の声([[語り手]]による叙述など)を用いる表現手法である。
 
== 翻訳音声におけるボイスオーバー ==
ニュース番組やドキュメンタリーなどの翻訳音声の編集において、原語の音声を小音量で流しつつ、翻訳された音声を流すときがある。これは完全な[[吹き替え]](本人による発話を模す)とは異なり、画面外の通訳の存在を感じさせるため、こうした表現手法もボイスオーバーと呼ぶ。対して、完全な[[吹き替え]]は[[リップシンク]]と呼ぶ。
 
日本で上映される映画ではまず使われることは無い手法だが、例外的にたとえば映画・「[[ラストサムライ]]」は[[英語]]と[[日本語]]の会話が'''たがいに入り混じる'''内容であるため([[トム・クルーズ]]が日本語を、また[[渡辺謙]]が英語を話すシーンなどがある)、DVD版の日本語吹き替え音声にはボイスオーバー形式が採用されている。
匿名利用者