メインメニューを開く

差分

アルバイトの説明と記事中の「経済性:収入を得て、生計を支える事」とが矛盾。出典を付加し、考えうる職業として整理。
{{Otheruses||中学校の旧学習指導要領にあった教科|職業 (教科)}}
'''職業'''(しょくぎょう)とは、日常的に従事する[[業務]]や[[労働]]など、技能、知識、能力などをまとめた一群の職務のこと<ref name="citation"/>。'''職'''、'''生業'''、'''仕事'''とも呼ばれ、職業に就くことを'''就職'''、'''就労'''という。生計を立てるための仕事も職業とされる<ref name="citation">[[厚生労働省]]職業分類定義:「職業とは、職務の内容である仕事や課せられた責任を遂行するために要求されている技能、知識、能力などの共通性または類似性によってまとめられた一群の職務をいう。」<br/>[[広辞苑]]:職業「日常従事する業務。生計を立てるための仕事」</ref>。
'''職業'''(しょくぎょう)とは、日常的に従事する[[業務]]や[[労働]]のこと。
 
ただし、一般に、[[アルバイト]]や[[パートタイム]]など、短間かつ短間で[[生活]]を支えるに足ものや、特殊な[[技能]]や専門性を必要としないものまれるが、[[履歴書]]上や職歴を述べる場合において、職業や[[仕事]]として表現しない場合もある。通常の意味での職業ではないが、[[主婦]]、[[学生]]さらには[[無職]]を、便宜上、職業の1つとみなすこともある
 
通常の意味での職業ではないが、[[主婦]]、[[学生]]さらには[[無職]]を、便宜上、職業の1つとみなすこともある。
 
職業の目的は人それぞれではあるが、ほとんどの場合、生計を立てるため、つまり生活するのに必要な(衣食住などの)物資やサービスを得るため、現代であれば主としてそれを得るために必要な[[金銭]]を得るためになされている。[[被雇用者]]の場合は、主としてそれを[[給与]]の形で、[[個人事業主]](自営業)の場合は[[利益]] の形で得ている。<ref>農業や漁業を行っている人の場合は、自身が収穫した農産物や海産物が、そのまま自身や家族の食料となる部分もあり、必ずしも生計のすべてが貨幣経済の制度に組み込まれてしか成り立たないとは限らない。<br/>
</ref>
 
'''職'''、'''生業'''、'''[[仕事]]'''などともいう。なお、職業に就くことを'''就職'''、'''就労'''という。
==歴史==
[[人間]]の[[社会]]の中では、まず[[食料]]の収集、[[栽培]]、収穫に携わる、[[狩猟]]、[[農業]]、[[漁業]]といった'''[[第一次産業]]'''が職業として誕生し、そして食品の加工から、その[[運送|運搬]]、[[交換]]として経済活動に関係した職業が始まり、工場制手工業などの[[産業革命]]により、工場労働、[[管理職|労働管理]]といった新たな職業('''[[第二次産業]]''')が近代の職業を彩った。
匿名利用者