「US-2 (航空機)」の版間の差分

編集の要約なし
 
===量産計画===
量産機は2005年(平成17年)度予算で1機計上されたが、2006年(平成18年)度での1機調達は認められず、2007年(平成19年)年度予算にて1機調達される。量産初号機となる3号機(9903、平成17年度契約)は2008年(平成20年)[[12月15日]]に初飛行<ref>[http://www.shinmaywa.co.jp/news/p_news2008_1216.htm 「US-2型救難飛行艇」量産初号機が初飛行を実施] 新明和工業 2008年12月16日</ref>、2009年(平成21年)[[2月19日]]に防衛省へ納入された<ref>[http://www.shinmaywa.co.jp/news/p_news2009_0219.htm 「US-2型救難飛行艇」量産初号機を防衛省に納入] 新明和工業 2009年2月19日</ref>。4号機(平成19年度契約)も2009年度内2月24日防衛省へ納入される予定でたされ<ref>[http://www.shinmaywa.co.jp/news/p_news2010_0225.htm 「US-2型救難飛行艇」量産2号機を防衛省に納入] 新明和工業 2009年2月25日</ref>、US-1Aの減数後も7機体制が維持されるとしている。なお、試作機2機の機体塗装は長らく変更されなかったが、1号機が定期整備に入り3号機と同様の洋上迷彩となるほか2号機にも同じ塗装が施される予定。3号機以降は製造当初から海上自衛隊の航空機で近年普及している、低視認性(ロービジビリティ; low visibility)を考慮した濃青色と灰色の[[軍用機の塗装|洋上迷彩]]となる。
 
== 機体 ==
匿名利用者