「グラム染色」の版間の差分

m
ウィルス→ウイルス
m (ロボットによる 追加: bn:গ্রাম স্টেইন)
m (ウィルス→ウイルス)
**[[抗酸菌]](分類上は放線菌に近くグラム陽性:[[結核菌]]、[[らい菌]]など)
 
なお、グラム染色法自体は真正細菌以外の細胞にも行うことが可能であり、その場合、細胞壁の有無によって染色性が決まる。動物細胞はグラム陰性に、植物細胞や真菌細胞はグラム陽性に染まる。一般的な[[古細菌]]は、S-レイヤーを主要構成物質とする細胞壁を持つがグラム陰性である。その他、一部の[[シュードムレイン]]を持つ古細菌([[メタノピルス属|メタノピルス綱]]、[[メタノバクテリウム綱]]など)や、大型の[[ウルス]](ミミウルス)もグラム陽性に染まる。しかしながら、これらは真正細菌の細胞壁合成を阻害するペニシリンなどの抗生物質に対し非感受性である。
 
[[category:微生物学|くらむせんしよく]]
1,714

回編集