メインメニューを開く

差分

[[zh-min-nan:Hz]]
[[zh-yue:赫茲]]
 
== 電磁波の周波数におけるメガヘルツ ==
電磁波の周波数について使われる場合は、MHzは1秒あたりの電磁放射の振動の数を指す。無線通信に使われる電波の周波数のほとんどはMHzに含まれる。
*[[長波]](LF) 0.03~0.3 MHz
*[[中波]](MF) 0.3~3 MHz
*[[短波]](HF) 3~30 MHz
*[[超短波]](VHF) 30~300 MHz
*[[極超短波]](UHF) 300~3000 MHz
 
<!-- 英語版ではこの後にも文章があるのだが、「メガヘルツ」で説明する事項ではないので訳さず。 -->
 
== コンピュータにおけるメガヘルツ ==
[[1974年]]から[[2000年]]までに製造されたほとんどの[[CPU]]は、メガヘルツの範囲の速度で動いていた。それ以降の家庭用コンピュータで用いられているものはギガヘルツ(10<sup>9</sup>ヘルツ)の速度で動作しているが、多くの組み込み用コンピュータ、携帯ゲーム機などでは依然としてメガヘルツの速度で動いている。メガヘルツの数は、CPUの[[クロック|クロック信号]]の周波数(クロックスピード)を意味する。
 
さまざまな[[バス (コンピュータ)|バス]](たとえばCPUとシステムRAMを接続しているメモリバス)もまた、メガヘルツの範囲の周波数のクロック信号によって信号を転送している。
 
<!-- 英語版ではこの後にも文章があるのだが、「メガヘルツ」とは関係ない話ばかりなので訳さず。 -->
匿名利用者