「パスワード (コンピュータゲーム)」の版間の差分

m (ロボットによる 変更: pt:Password (jogos eletrônicos))
 
技術的には「コロンブスの卵」的な物だったらしく、翌年には[[エニックス]](当時)の[[ファミリーコンピュータ]](ファミコン)用ソフト『[[ドラゴンクエスト]]』でも使われている。同作より前に発売されていたエニックスのファミコンソフト『[[ポートピア連続殺人事件]]』では、パスワードどころか記録方法自体が無かったため、『ドラゴンクエスト』ではゲームの途中から続きができるようにするべく、パスワードが採用された。
パスワードの忘却を防ぐために紙にパスワードを記入して保管することがあるが、テレビゲームに関して無関心無理解な年齢層が
偶然パスワードを記入した紙を見つけた場合、「テレビゲームのやり過ぎで頭がおかしくなっってしまった。」と本気で心配し、
ただちにテレビゲーム機を取り上げることもあったという。
 
以後も多くのゲームがパスワードを採用したが、中にはプレイ内容に一部記録できないものがあったり、50文字を超えるものもあるなど非常にストレスを感じるほど長かったり、フォント次第では文字が判別しにくかったり(「ぬ」と「め」、「ね」と「れ」と「わ」等)、少々間違えていてもパスワードを受け付けるがプレイ内容の異常により後で取り返しのつかないことになることがあるなど、開発者やメーカーによってその完成度はかなり異なった。
匿名利用者