「ミゲール・トーレス」の版間の差分

編集の要約なし
m (ロボットによる 変更: fr:Miguel Torres (combat))
 
[[2009年]][[4月5日]]、WEC 40での防衛戦では[[ブライアン・ボウルズ]]と対戦予定であったが、ボウルズの欠場によりWEC初参戦となる[[CAGE FORCE]]王者[[水垣偉弥]]に変更された。試合は5ラウンド闘っての判定勝ちで3度目の防衛を果たした。[[8月9日]]、WEC 42で[[ブライアン・ボウルズ]]と対戦、1ラウンドKO負けで王座から陥落した。 
 
[[2010年]]3月6日、再起をかけて臨んだ[[WEC 47]]では[[ジョセフ・ベナヴィデス]]にギロチンチョークで敗れ、自身初の一本負けとなるとともにキャリア初の連敗を喫した。
 
== 戦績 ==
{{MMA recordbox
|total=3940
|wins=37
|KOwins=9
|decwins=6
|otherwins=0
|losses=23
|KOloss=1
|subloss=01
|decloss=1
|otherloss=0
{{Fight-start}}
{{Fight-header}}
{{Fight-cont|×| [[ブライアンジョセフボウルズベナヴィデス]]| 1R2R 32:57 KO([[グラウンドパフロョーク|パウギロチチョーク]]| [[WEC 47|WEC 4247: TorresBowles vs. Bowles<br />【WEC世界バンタム級タイトルマッチ】Cruz]]| 200920108396日}}
{{Fight-cont|×| [[水垣偉弥ブライアン・ボウルズ]]| 5分5R終了1R 判定3-0:57 KO([[グラウンドパンチ|パウンド]])| [[WEC 4042|WEC 42: Torres vs. MizugakiBowles]]<br />【WEC世界バンタム級タイトルマッチ】| 2009年4859日}}
{{Fight-cont|○| [[マニー・タピア水垣偉弥]]| 2R5分5R終了 判定3:04-0| TKO([[グラウンドパンチWEC 40|マウントパンチ]])| WEC 3740: Torres vs. TapiaMizugaki]]<br />【WEC世界バンタム級タイトルマッチ】| 2008200912435日}}
{{Fight-cont|○| [[マニー・タピア]]| 2R 3:04 TKO([[グラウンドパンチ|マウントパンチ]])| [[WEC 37|WEC 37: Torres vs. Tapia]]<br />【WEC世界バンタム級タイトルマッチ】| 2008年12月3日}}
{{Fight-cont|○| [[前田吉朗]]| 3R終了時 TKO(右目の腫れ)| WEC 34: Faber vs. Pulver<br />【WEC世界バンタム級タイトルマッチ】| 2008年6月1日}}
{{Fight-cont|○| [[チェイス・ビービー]]| 1R 3:59 変形チョークスリーパー| WEC 32: Condit vs. Prater<br />【WEC世界バンタム級タイトルマッチ】| 2008年2月13日}}
 
== 獲得タイトル ==
* 初代修斗米大陸フェザー級王座(0(2005年、0度防衛)
* 第3代WEC世界バンタム級王座(2(2008年、3度防衛)
 
== 脚注 ==
{{Reflist}}
 
== 関連項目 ==
* [http://www.wec.tv/index.cfm?fa=fighter.detail&pid=710 WEC 選手データ]
* [http://www.sherdog.com/fighter/Miguel-Torres-3006 SHERDOG 選手データ]
 
== 脚注 ==
{{Reflist}}
 
{{Championshiptitle-3|初代|[[修斗]]アメリカ大陸|ウェルター級|N/A|2007年12月廃止<br />北米王座と南米王座に分割|2005年11月19日 - 2007年12月}}
{{Championshiptitle|第3代|[[World Extreme Cagefighting|WEC]]|世界[[バンタム級]]|チェイス・ビービー|ブライアン・ボウルズ|2008年2月13日 - 2009年8月9日|}}
 
{{Martialart-stub}}
 
{{DEFAULTSORT:とおれす みけえる}}
4,073

回編集