「おきのどくさまウィルス」の版間の差分

駆除ソフトの登場を検知し、これを取り込むことで“Y”によって再度進化され生み出されたのが第三世代の「おきのどくさま」である。“J”もこれに対応して駆除ソフトを進化させ、以降は“Y”と“J”がいたちごっこのようにウイルスと駆除ソフトを進化させ続けている。その結果、「おきのどくさま」ウイルスは駆除されることを避け自らの子孫を残し続けるための戦略として「めだたない」ことを選択していった。このため、その後も「おきのどくさま」および駆除ソフトは高度に進化し亜種が生み出され、感染を広げ続けているものの、ユーザからは気にならない存在になっている(実害もなくなっている)。
 
== 画期予見的であった点 ==
<!--パソコン薀蓄は記事に不要として削る。時代考証的にもヘン(上梓はWin95時代。まぁTOWNS版もあったけど)。なお、専門家ないしコンピュータマニア(作者の岡嶋はかなりコンピュータに詳しい)にとってそのようなワームは1988年の[[Morris worm]]によって周知。本作で見られた新しい点は、世界中のパソコンがネットでつながり、それがウィルス(ワーム)の育つ環境になることと、[[人工生命]]の見地が加味されていることだろう。--><!--この小説が発表された[[1996年]]は[[インターネット]]がようやく認知されてきた頃で、まだ[[コンピュータウイルス]]やネット上の[[セキュリティ]]に関する認識は一般的ではなかった。とくに、すでに[[PC/AT互換機]]が普及していた海外とは違い日本ではまだ独自[[アーキテクチャ]]の[[PC-9800]]シリーズや[[FM-TOWNS]]が主流であったため、特定の(同一種の)コンピュータウイルスが世界的に流行するという事態は想定されていなかった。さらに当時、ワームの存在は知られていてもまだほとんど現れておらず、コンピュータウイルスの感染経路といえばあいかわらずフロッピーディスクを経由するものだった。このため感染速度もおそく、作中のように「世界的に」「一昼夜で」「ウイルス(ワーム)自身の動作によって勝手に」感染が広がり通信網を麻痺させかねない事態におよぶことなどまだまだ当時は現実的ではなかったのである。-->
『パワー・オフ』の執筆・発表当時に普及していたパーソナルコンピュータの利用環境では、ネットワークへの常時接続はまだ一般的でなく、また動的に活動する、コンピュータウィルスよりもむしろワームに属するプログラムが繁殖する余地はほとんどなかった。
 
しかしこれらの事情は[[2000年]]前後を境に変化し、とくに[[MSBlast]]や[[CodeRed]]、[[Nimda]]などによって現実のものとなった。