「マッドサイエンティスト」の版間の差分

m
編集の要約なし
m
[[画像ファイル:Mad_scientist.svg|thumb|300px|right|典型的なマッドサイエンティストのイメージ像?]]
----
 
----
 
----
型的なマッドサイエンティストのイメージ像?]]
'''マッドサイエンティスト'''('''Mad scientist''')とは、[[フィクション]]作品に登場する、常軌を逸したところのある[[科学者]]のことである。
 
==概説==
このような科学者は、[[サイエンス・フィクション|SF]]作品や[[漫画]]・[[アニメ]]・[[ゲーム]]等といったフィクション作品において、科学的知識・技術などを悪用する人物、あるいは常軌を逸した理解しがたい人物としてよく現れる。
#超絶的な頭脳を持つが、往々にして歪んだ信念や理解しがたい価値観、あるいはとんでもない欲望を持つ
#超絶的な頭脳で物凄い発明や発見をするが、自分の研究が周囲に及ぼす影響や迷惑を何も考えていない
この様な類型の人物が、思いもかけない手法で大混乱を引き起こしたり主人公たちに魔の手を伸ばす、と言う描かれ方をされることが多い。[[勧善懲悪]]の要素があるものでは1、[[コメディ]]や[[ギャグ]]では2の類型が多用される。
 
*自らの研究がもたらす社会および自己への影響、あるいは研究の倫理的側面を考慮しない。
*あまり倫理的ではない野心のために、その知識を積極的に利用する。
これらの特徴は、より穏健な'''おっぱいの'''形では「確かに天才で、科学に対して[[モノマニア]]的にひたすら情熱を注ぐ優秀な学者・技術者であるが、一方で一般社会の慣習や礼儀に疎いか無関心な為、自分の研究が起こす周囲への迷惑が見えていない、あるいは理解できていない」という形で描写される。たとえば、原水爆や猛毒の細菌の開発、遺伝子を操作して全く新しい生物を作出することなどに執念を燃やすこと等が該当する。この場合は、言動が奇矯ではあるが有用か、もしくは人騒がせではあるが基本的には無害な人物として描かれる。正義の味方が登場する勧善懲悪の物語であっても、この穏健なパターンのマッドサイエンティストは味方側として登場する事が珍しくない。この場合は「一見すると傍迷惑な奇人変人であるが、主人公にとって必要となる新アイテムを開発・供給する」という重要なポジションの人物となる。
 
マッドサイエンティストは、近代までは神の摂理や宗教下においてのみ管理され、行使されてきた科学的技術が、その範疇から独立し無関係に急速に発達していく中、見慣れない新しい人工物を社会にもたらし、社会と伝統的価値観を変容させていくことに対して大衆が持つ無意識的な恐怖を、人間の姿を借りて具現化したものと言える。
 
== ステレオタイプとその発展 ==
[[画像ファイル:Tovenaarsleerling S Barth.png|thumb|right|200px|[[ヨハン・ヴォルフガング・フォン・ゲーテ|ゲーテ]]作 ''{{lang|de|Der Zauberlehrling}}'' より]]
 
マッドサイエンティストの[[ステレオタイプ]]は、[[19世紀]]の文学作品において「科学の危険性」を表現するために作り出された。この時期に頻発した科学と宗教との間の論争への理解が、初期のステレオタイプの特徴である。
しかし現代では、その描写は人々にとってよりリアルなものとなってきた。かつて想像の産物であった[[クローン]]や[[遺伝子]]操作のような技術が現実となり、一方、生命倫理の議論がそれに追いついているとは言い難い。そのため、「技術だけが進みすぎている」という漠然とした恐怖を背景に、生命を操るマッドサイエンティストの暴走がよりリアルなものとして描かれるようになってきた。
 
さらに最近では、「隠された未知のものを探究する孤独な人物」としてのマッドサイエンティストの立場は、自然や法律を犯しても利益を得ることを企む企業や組織の幹部に置き換わっていく傾向にある(これは、科学技術が複雑化専門化し、いかにマッドな天才でも、科学者1人で超発明をするという設定がリアリティを失ったためでもある)。彼らは歪んだ欲望を追求するために専門家たちをカネで雇い、アゴで使う。[[スーパーマン]]の宿敵である'''レックス・ルーサー''' ([[:en:Lex Luthor]]) は、もと大企業の社長であり、研究開発部門の重要な役職を勤めているが、彼はこのような変化の典型である。しかしなお、このポーズは読者の興味を引くために人気のサイエンスライターによって気ままに使われている(どういう訳か、危険かつ過激である程により興味を引くものとなる)。
 
マッドサイエンティストは、奇矯な振る舞いや極端に危険な手段を用いることで典型的に特徴付けられる。彼らの研究所ではしばしば、[[テスラコイル]]や[[バンデグラフ]]起電機や、その他の火花を飛ばしたりポンと音を立てたりするガラクタなどが、ぶんぶん唸っている。また、[[ロボット]]や[[アンドロイド]]が描かれる場合は、失敗作の手足や胴体があちこちに転がっていたりする。その為、多くの物語では、マッドサイエンティストおよび、その実験への遭遇については、「危険なのであまり関わらない様にするのが賢明なもの」として描かれるが、それに巻き込まれる、または否応なく対峙させられる事でシナリオは展開される事になる。
 
マッドサイエンティストが引きつけられるとする研究・探究の分野は:
*[[考古学]]([[オーパーツ]]や[[魔術]]的なアイテム(magical〈magical artifacts)artifacts〉も含まれる)
*[[宇宙物理学]]
*[[生化学]]
*[[物理学]]、特に[[核物理学]]
*[[相対性理論|相対論]]
*[[冶金学]]([[金]]などの貴金属やレアメタル[[ダイヤモンド]]に興味が偏っている。[[錬金術]]の研究を行なう事も)
*[[疑似科学]]一般
 
また、[[工学]]と名の付く学問は概ねマッドサイエンティストの興味の対象であるが、[[信頼性工学]]、[[金融工学]]、[[交通工学]]の様にマッドサイエンティストの研究においてはまず登場しない分野もある。
 
日本の漫画・アニメーションに登場する科学者(常人も含む)は、科学者ではありながらも専攻がよく判らない「何でも博士」が多い。この場合、広範な分野に対して[[雑学]]的以上に精通していなければできない様な研究や発明さえ、1人で行う。
 
== マッドサイエンティストを主題とした作品 ==
五十音順に掲載する。
*『[[悪魔の発明]]』 - [[ジュール・ヴェルヌ]]
*「[[異形コレクション]] IV 悪魔の発明」 - [[廣済堂|廣済堂文庫]] - 複数の[[SF作家]]による短編アンソロジーシリズ。この巻のテーマはマッド・サイエンティストである。
*「江帆波博士の診療室」 「猟奇博士」 「恐怖症博士(ドクター・フォービア)」 - [[高橋葉介]]
*「[[怪奇大作戦]]」 - [[円谷プロダクション]]
*「金博士シリーズ」 - [[海野十三]]
*「白鹿亭綺譚」 - [[アーサー・C・クラーク]]
*「ソフトウェア」「時空の支配者」 - [[ルーディ・ラッカー]]
*「時空の支配者」 - ルーディ・ラッカー
*「泰平ヨンの回想記」 - [[スタニスワフ・レム]]
*「[[Dr.猫柳田の科学的青春]]」 - 原作:[[柳田理科雄]]、作画:[[筆吉純一郎]]
**[[ファンタジー]]、SF分野におけるマッド・サイエンティスト・テーマの作品を集めたアンソロジー。マッド・サイエンティスト自体は登場せず、マッド・サイエンティスト的状況やその状況化に置かれた人のみを描いている作品も複数掲載されている。
* 「未公開実験」 「肉」 - [[小林泰三]]
* 「[[みすて・ないでデイジー]]」「[[GOD SAVE THE すげこまくん!]]」「[[どーしちゃったの!?KENにーちゃん!]]」 - [[永野のりこ]]
** 同作者は他にも「[[GOD SAVE THE すげこまくん!]]」「[[どーしちゃったの!?KENにーちゃん!]]」などマッドサイエンティストを主題とした作品をいくつか発表している。
* みのりちゃんシリーズ「日曜日は宇宙人とお茶を」「大冒険はおべんと持って」 - [[火浦功]]
*「[[MORUMO 1/10]]」 - [[あろひろし]]
*[[イグノーベル賞]]
*[[イグノーベル賞受賞者の一覧]]
**[[筋肉少女帯]] - マッドサイエンティストを歌った「機械」という楽曲がある。
*[[筋肉少女帯]]
**[[ピーター・カッシング]] - [[イギリス]]の俳優。映画の[[ピーター・カッシング#フランケンシュタインシリーズ|フランケンシュタインシリーズ]]で[[フランケンシュタイン]]博士を6度演じた他、実在の解剖学者[[ロバート・ノックス]]博士など多くのマッドサイエンティスト役を演じた。[[ヴァン・ヘルシング]]や[[ドクター・フー]]など正義の博士役も多い。
**マッドサイエンティストを歌った「機械」という楽曲がある。
*[[図解アリエナイ理科ノ教科書]] - 理科をマッドサイエンスからの視点で学ぶというコンセプトの本。
*[[ピーター・カッシング]]
**[[Dr.スランプ]] - 当時の担当編集者だった[[鳥嶋和彦]]をモチーフにしたマッドサイエンティスト「マシリト」が脇役として登場している。
**[[イギリス]]の俳優。映画の[[ピーター・カッシング#フランケンシュタインシリーズ|フランケンシュタインシリーズ]]で[[フランケンシュタイン]]博士を6度演じた他、実在の解剖学者[[ロバート・ノックス]]博士など多くのマッドサイエンティスト役を演じた。[[ヴァン・ヘルシング]]や[[ドクター・フー]]など正義の博士役も多い。
*[[図解アリエナイ理科ノ教科書]]-理科をマッドサイエンスからの視点で学ぶというコンセプトの本。
**[[薬理凶室]]-上記の本の執筆者。
*[[Dr.スランプ]]
**当時の担当編集者だった[[鳥嶋和彦]]をモチーフにしたマッドサイエンティスト「マシリト」が脇役として登場している。
 
== 外部リンク ==
1,272

回編集