メインメニューを開く

差分

m
* 中山平次郎「貝塚土器の席紋と其類似紋」「貝塚土器の縄紋と古瓦の縄紋」『考古学雑誌』第8巻12号 考古学会 1918年
* 甲野勇・[[江上波夫]]・[[後藤守一]]・山内清男・八幡一郎 「座談会 日本石器時代文化の源流と下限を語る」 『ミネルヴァ』1 翰林書房 1936年
* [[喜田貞吉]] 「日本石器時代の終末期に就いて」 『ミネルヴァ』3 翰林書房 1936年
* 喜田貞吉 「大山史前學研究所發掘猫骨の無斷發表に就いて」 『ミネルヴァ』4 翰林書房 1936年
* 喜田貞吉 「「あばた」も「えくぼ」、「えくぼ」も「あばた」 -日本石器時代終末期問題-」『ミネルヴァ』5 翰林書房 1936年
** 『ミネルヴァ』誌上に掲載されたものは甲野勇編『ミネルヴァ(全1巻)』学生社 1986年 ISBN 3021-270120-1017 に再録
* 杉山壽榮男 『日本原始工芸史 原始篇』 雄山閣 1942年
* [[芹沢長介]] 「旧石器時代の終末と土器の発生」 『信濃』第19巻第4号 信濃史学会 1967年
* [[齊藤忠]]編 『喜田貞吉集』日本考古学選集8 築地書館 1972年
* 渡辺誠 『縄文時代の漁業』考古学選書7 雄山閣出版 1973年
* 佐藤達夫編 『山内清男集』日本考古学選集21 築地書館 1974年 ISBN 3321-174052-4818
* [[田中美知太郎]] 「山内清男と私」 『日本考古学選集集報』11 築地書館 1974年
* [[工藤雅樹]] 「ミネルヴァ論争とその前後」 『考古学研究』第20巻第3号 [[考古学研究会]] 1974年
* [[伊藤信雄]] 「山内博士東北縄文土器編年の成立過程」『考古学研究』第24巻第3・4号 考古学研究会 1977年
* [[松井章]]「「サケ・マス論」の評価と今後の展望」『考古学研究』第31巻第4号 考古学研究会 1985年
* 勅使河原彰 『日本考古学史 年表と解説』UP考古学選書1 東京大学出版会 1988年 ISBN 4-13-024101-X
* 下條信行 「石器」
* 田村晃一 「山内清男論」
** [[金関恕]]・[[佐原真]] 編『研究の歩み』弥生文化の研究10 雄山閣出版 1988年 ISBN 4-639-00729-9
* [[田中琢]]・佐原真 『考古学の散歩道』岩波新書 [[岩波書店]] 1993年
* 大村裕 「「縄紋」と「縄文」 -山内清男はなぜ「縄紋」にこだわったのか?-」 『考古学研究』第41巻第2号 考古学研究会 1994年
* 宮下健司 「有溝砥石」 加藤晋平・小林達雄・藤本強 編『道具と技術』縄文文化の研究7 雄山閣出版 1995年
* 佐原真 「山内清男論」 加藤晋平・[[小林達雄]]・藤本強編 『縄文時代研究史』縄文文化の研究10 雄山閣出版 1995年 ISBN 4-639-00343-9
** 後に金関恕・[[春成秀爾]] 編『考古学への案内』佐原真の仕事1 岩波書店 2005年 ISBN 4-00-027111-3に再録。
* [[鈴木公雄]] 「山内清男と縄文土器編年」 [[明治大学]]考古学博物館編 『市民の考古学2 考古学者-その人と学問』 名著出版 1995年
* 勅使河原彰 『日本考古学の歩み』 名著出版 1995年
10,501

回編集