「フランク・ウィルチェック」の版間の差分

編集の要約なし
m (ロボットによる 追加: gl:Frank Wilczek)
[[Image:FrankWilczek_cropped.png|left|thumb|180px|フランク・ウィルチェック]]
{{thumbnail:begin}}
[[Image {{thumbnail:FrankWilczek_cropped画像|FrankWilczek cropped.png|left|thumb|180px|フランク・ウィルチェック]]}}
{{thumbnail:ノーベル賞受賞者|2004年|ノーベル物理学賞|強い相互作用の理論における漸近的自由性の発見}}
{{thumbnail:end}}
 
1973年にプリンストン大学で, デイビッド・グロスとともに[[漸近的自由性]]を発見した。[[素粒子物理学]]における漸近的自由性とは、[[素粒子]]間の「[[強い相互作用]]」は、近距離ないし高エネルギー下では相互作用が弱くなるという性質で、[[陽子]]や[[中性子]]の構成要素とされる[[クォーク]]が単独で観測できないことなどを説明する[[量子色力学]]の理論である。H・デイヴィッド・ポリツァーの論文とウィルチェックらの論文が[[フィジカル・レビュー|Physical Review Letters]]の同じ号に掲載され、公式には、3人が同時に漸近自由性を発見したことになった。
 
 
{{ノーベル物理学賞受賞者 (2001年-2025年)}}
16,054

回編集