「オルズベック・ナザロフ」の版間の差分

出典追加
(出典追加)
{{Boxing statsbox
|name=オルズベック・ナザロフ
|realname=オルズベック・ナザロフ
|image=
|realname=オルズベック・ナザロフ
|nickname=グッシー
|weight=[[ライト級]]
|height=
|reach=
|nationality={{KGZ}}
|birth_date={{生年月日と年齢|1966|8|30}}
{{MedalBottom}}
 
'''オルズベック・ナザロフ'''('''Orzubek Nazarov'''、[[1966年]][[8月30日]] - )は、[[キルギス|キルギス共和国]][[カント (曖昧さ回避)|カント]]出身の[[タジク人]]の[[プロボクサー]]。[[世界ボクシング協会|WBA]]世界[[ライト級]]王座を7度防衛。
 
== 来歴 ==
[[1989年]]秋、[[勇利アルバチャコフ]](後の[[世界ボクシング評議会|WBC]]世界フライ級王者)等と共に[[ソビエト連邦|ソ連]](当時)から来日。[[協栄ボクシングジム]]にスカウトされた6人のアマチュアエリートボクサーの1人であった(来日の橋渡し役は、[[スポーツ平和党]]初代党首で当時[[国会議員#参議院議員|参議院議員]]に初当選して間もない[[アントニオ猪木]])。
 
[[1990年]]2月1日、「'''グッシー・ナザロフ'''」のリングネームでプロデビュー(リングネームの「グッシー」は[[世界ボクシング協会|WBA]]世界ライトフライ級王座を13度防衛した協栄ジム出身の元世界王者[[具志堅用高]]に風貌が似ていたことから名付けられた)。西沢誠(後の日本ライト級王者)を1回KOに降し、堂々たる形でプロデビュー戦を飾る勝ち
 
[[1991年]]4月22日、6戦目で日本ライト級王座獲得(2。同王座は2度防衛後返上した
 
[[1992年]]9511日12戦目で[[東洋太平洋ボクシング連盟|OPBF]]東洋太平洋ライト級王座獲得。世界挑戦準備のため[[1993年]]9月に王座を返上するまで5度の防衛に成功。
 
[[1993年]]10月21日、18戦目で世界王座初挑戦。敵地[[南アフリカ共和国|南アフリカ]]に渡り、WBA世界ライト級王者[[ディンガン・トベラ]]に挑む。1度4回にプロ初のダウンを喫す奪われるも、その後10回にダウンを奪い返すなど、猛反撃を展開。12回判定勝ちを収め、無敗のまま世界王座奪取に成功を獲得した<ref group="文献" name="page242">242頁下段</ref>。トベラとは翌[[1994年]]3月19日の初防衛戦で再戦し、この時も12回判定勝ちを収めた<ref group="文献" name="page243">243頁上段</ref>
 
その後、本人の強い希望により、リングネームを本名「'''オルズベック・ナザロフ'''」に改める。
 
[[1995年]]5月15日の3度目の防衛戦からは3戦連続で日本国内で試合を行うが、海外出身の「輸入ボクサー」であるが故、同時期の国内の現役世界王者と比べて知名度は格段に低かった。そのため、試合でも観衆をあまり多く集められず、ファイトマネーも安い状態であった(テレビ中継も深夜に関東ローカルでの録画中継枠を確保するのが精一杯)。こうした背景から、[[1996年]]4月15日の5度目の防衛成功後は試合すら出来ない状況に陥る。協栄ジムと交渉の末、同年12月、同ジムを離れ[[フランス]]に拠点を移すことを正式に決定。
 
[[1997年]]5月10日、フランス移籍初戦。1年1か月ぶりの試合であったが、長期間のブランクを感じさせず[[レバンダー・ジョンソン]]に7回TKO勝ち。6度目の王座防衛に成功。その後、ノンタイトル戦を2度行い、いずれも勝利。
 
[[1998年]]5月16日、7度目の防衛戦。[[ジャン・バチスト・メンディ]](フランス)の挑戦を受け、12回判定負け。4年半あまり保持してきた世界王座を手放し、結局この試合を最後に現役を[[引退]]した。
 
== 戦績 ==
* '''アマ''':175戦153勝(80RSC)12敗<br />
* '''プロ''':27戦26勝(19KO)1敗<br />
'''獲得タイトル''':
* 1987年ヨーロッパ・アマチュアボクシング選手権ライト級優勝
* 日本ライト級王座
* [[東洋太平洋ボクシング連盟|OPBF]]東洋太平洋ライト級王座
* [[世界ボクシング協会|WBA]]世界ライト級王座
 
{{Fightstatstop}}
{{Fightstatscont|16|1993年3月22日|☆|2R|KO|宗光植|{{KOR}}|防衛4}}
{{Fightstatscont|17|1993年7月19日|☆|12R|判定|ボーイ・リーガス|{{PHI}}|防衛5<br />(1993年9月21日、[[東洋太平洋ボクシング連盟|OPBF]]ライト級王座返上)}}
{{Fightstatscont|18|1993年10月21日|☆|12R|判定|[[ディンガン・トベラ]]|{{ZAF}}|[[世界ボクシング協会|WBA]]世界ライト級王座獲得}}
{{Fightstatscont|19|1994年3月19日|☆|12R|判定|ディンガン・トベラ|{{ZAF}}|防衛1}}
{{Fightstatscont|20|1994年12月10日|☆|2R|KO|[[ジョーイ・ガマチェ]]|{{USA}}|防衛2}}
{{Fightstatscont|21|1995年5月15日|☆|2R|KO|朴元|{{KOR}}|防衛3}}
{{Fightstatscont|22|1995年11月14日|☆|12R|判定|ディンド・カノイ|{{PHI}}|防衛4}}
{{Fightstatscont|25|1997年10月4日|☆|4R|KO|オスカー・ロペス|{{ARG}}|--}}
{{Fightstatscont|26|1998年4月8日|☆|8R|判定|フレディ・クルス|{{DOM}}|--}}
{{Fightstatscont|27|1998年5月16日|★|12R|判定|[[ジャン・バチスト・メンディ]]|{{FRA}}|[[世界ボクシング協会|WBA]]世界ライト級王座陥落}}
{{Fightstatsbottom}}
 
'''== 獲得タイトル''': ==
* 1987年ヨーロッパ・アマチュアボクシング選手権ライト級優勝
* 日本ライト級王座
* [[東洋太平洋ボクシング連盟|OPBF]]東洋太平洋ライト級王座
* [[世界ボクシング協会|WBA]]世界ライト級王座
 
== 参考文献 ==
* ボクシング・マガジン編集部 『日本プロボクシング史 世界タイトルマッチで見る50年』 ベースボール・マガジン社、2002年
{{Reflist|group="文献"}}
 
== 関連項目 ==
* [[男子ボクサー一覧]]
* [[世界ボクシング協会世界王者一覧|世界ボクシング協会(WBA)世界王者一覧]]
* [[東洋太平洋ボクシング連盟王者一覧|東洋太平洋ボクシング連盟(OPBF)王者一覧]]
 
== 外部リンク ==
* [http://jpba.gr.jp/archive/1990_08.html 日本プロボクシング協会 世界王者アーカイヴス]
* [http://www.boxrec.com/list_bouts.php?human_id=3205&cat=boxer BoxRecによる戦績]
 
{{Championshiptitle|第40代|[[日本ボクシング協会|JBC]]|日本ライト級|八木賢治|齋藤孝 (ボクサー){{!}}齋藤孝|2001年6月23日 - 1991年3月11日(返上)}}
{{Championshiptitle|第26代|[[東洋太平洋ボクシング連盟|OPBF]]|東洋太平洋ライト級|大友厳|アドリアヌス・タロケ|1992年5月11日 - 1993年9月21日(返上)}}
{{Championshiptitle|第19代|[[世界ボクシング協会|WBA]]|世界ライト級|ディンガン・トベラ|ジャン・バチスト・メンディ|1993年10月21日 - 1998年5月16日}}
49,118

回編集