「堀川 (京都府)」の版間の差分

画像追加
(画像追加)
 
== 地理 ==
堀川の本来の源流は[[北区 (京都市)|北区]]の[[船岡山]]東麓だが、現在この付近の水流は[[暗渠]]化されており、地表に水流は見られない。[[今出川通]]の南で地表に現れ、[[堀川通]]の東に沿って南下する。[[一条通]]の[[一条戻り橋]]はこの区間にある。[[二条城]]前の[[押小路通]]から南は再び暗渠となり、[[西本願寺]]の東でわずかに地上に現れるほかは堀川通の地下を流れる。[[近鉄京都線]][[上鳥羽口駅]]の西で開渠となり、すぐに[[鴨川 (淀川水系)|鴨川]]と合流する。2009年3月に琵琶湖疎水の分流を通水するまで鴨川との合流直前を除きほとんど水は流れていなかった
 
== 歴史 ==
== 堀川水辺環境整備事業 ==
堀川の今出川通から二条城までの開渠部に水流を復活させ、親水公園として整備する事業が京都市によって進められた。[[琵琶湖疏水]]分線から賀茂川を[[サイフォン]]でくぐり、[[紫明通]]、堀川通の地下に導水路を設けて水を引く。二条城から下流では二条城の外堀を経て[[西高瀬川]]に放水する。[[2002年]]度から事業が始まり、[[2009年]][[3月29日]]に通水式典が行われるとともに通水が開始され、事業が終結した。京都市公式サイトによると事業費は18億円とされる<ref>http://www.city.kyoto.lg.jp/kensetu/page/0000059018.html</ref>。
 
<gallery>
画像:堀川看板1.jpg|堀川通に立てられた看板
画像:堀川看板2.jpg|堀川の歴史
画像:堀川水源2.jpg|元誓願寺通から放水口を北に望む
画像:堀川水源3.jpg|暗渠から地上に現れた放水口部分
画像:堀川水源1.jpg|復活した水流
画像:堀川水源5.jpg|琵琶湖疎水の水を鴨川の下を通って堀川まで導水
 
</gallery>
 
 
 
== 関連項目 ==
873

回編集