「LAN Manager」の版間の差分

編集の要約なし
 
== 概要 ==
LAN Managerは、[[マイクロソフト]]が[[スリーコム|スリーコム(3COM)]]と共同で開発した、[[ネットワークオペレーティングシステム]]であり、3COMの[[3+Share]]ネットワークサーバソフトウェアの後継として設計された。NTLM(Windows NT LAN Manager)との混同に要注意である。
 
LAN Managerは、[[ドメインコントローラ]]によるユーザーアカウント管理機能と、[[ファイルサーバ]]機能、プリンタサーバ機能を提供した。
 
=== LAN Managerサーバ ===
LAN Managerサーバは[[OS/2]]で稼働した。LAN Managerクライアントは[[MS-DOS]]などで稼働し、[[NetBIOS]][[通信プロトコル|プロトコル]]上の[[Server Message Block]]プロトコルを使用した。なお当時の[[NetWare]]や後の[[Windows Server]]などと異なり、LAN Managerはネットワークオペレーティングシステムとはいえ単体販売されたソフトウェアであり、OS(OS/2)から見ればアプリケーション(ミドルウェア)の1つである。
 
1990年にマイクロソフトは多数の拡張を加えたLAN Manager 2.0を発表した。最終バージョンは2.2で、マイクロソフト版のOS/2 1.31を含んでいた。そして1993年(日本では1994年)の [[Microsoft Windows NT|Windows NT Advanced Server]]の登場まで、マイクロソフトの戦略的なサーバシステムであり続けた。
 
Windows NT Serverのドメインコントローラや、Windows 2000サーバ以降の[[Active Directory]]などは、LAN Managerの後継(バンドル版)である。
一方、LAN ManagerクライアントではNetBIOSを拡張した[[NetBEUI]]の他[[TCP/IP]]などのプロトコルが使え、また、NetWareクライアント機能を追加することもできた。
 
=== LAN Managerクライアント ===
このLAN Manager Clientのライセンスが興味深い。[[Windows NT]] [[サーバ|Server]]の[[CD-ROM]]などにも収録されており、当時、市場を先行するNetwareに対抗するため、LAN Manager Clientは「無制限インストール」を認められていた。
一方、LAN ManagerクライアントOS/2向けのほか[[MS-DOS]]などで稼働し、NetBIOSを拡張した[[NetBEUI]]の他[[TCP/IP]]などのプロトコルが使え、また、NetWareクライアント機能を追加することもできた。
 
WindowsこのLAN NTManager ServerClientドメコントローラや、スが興味深い。[[Windows 2000NT]] [[サーバ以降|Server]]の[[Active DirectoryCD-ROM]]などにも収録されており、当時、市場を先行するNetwareに対抗するため、LAN Managerの後継(バ Clientは「無制限イストー版)である」を認められていた
 
LAN Managerは多数のベンダーがライセンスを受けた。
匿名利用者